シルフィ買取相場とモデルチェンジ情報

この記事の所要時間: 74

IMGP1297

シルフィのモデルチェンジの予想

 落ち着きのある日産のセダンモデル「シルフィ」。この海外版にあたる「セントラ」が昨年マイナーチェンジの発表をうけました。現在日産車共通のデザインとなるVモーションが採用され、大幅な改変が施されたモデルです。国内仕様のシルフィも同様のマイナーチェンジが行われる見込み。

 実質的にはフルモデルチェンジ並と言われている今回の改変。全体的にスポーツ感を強めた印象のエクステリアが採用され、これまでターゲットとしていた熟年層から比較的若い世代にもアプローチする狙いでしょうか。

 インテリアに関しても質感の向上がなされています。シート生地やステアリング、さらにエルグランドなどに採用されている「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」も追加されました。そのほかエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットワーニング、インテリジェントクルーズコントロールなどの安全装備も搭載し、機能面でもかなり快適な仕様となっています。

シルフィの買取相場

 現行シルフィが発売されたのは2012年。既に初回車検も迎えており、中古車では相当数のシルフィが出回っているでしょう。中古車において特別な価値はないといえ、基本は一般的な査定事情で判断されるはずです。

 懸念することといえば、セダンは今や幅広い層に受けるモデルではないこと。車業界全体で見ても人気があるタイプとはいえません。シルフィ自体の人気もそこまで高いとは言えず、人気の点での評価はあまり期待できないでしょう。

 70歳前後が顧客ターゲットということで、あまり無理な走行や派手な改造はしていないと考えられます。そのため中古車ではお得な車に当たりやすいものの、車自体のニーズはあまり高くないので売却する際には損に感じるかもしれませんね。

 ビッグマイナーチェンジが迫っているので、その後の売却となると査定額も変動する恐れがあります。当然、下がる傾向にあるため、あまりゆっくりと考えていると益々損をしてしまうかも。

参考相場表

S 14年 97万円 15年 101万円 16年 111万円
X 14年 100万円 15年 104万円 16年 121万円
G 14年 106万円 15年 110万円 16年 135万円
G ルグラン 15年 115万円 16年 159万円
S ツーリング 15年 134万円 16年 144万円

前モデルの買取相場

 2005年から約7年間販売されていたのが3代目シルフィになります。上質なセダンとしてミドルエイジを中心に支持されるシルフィですが、全体的な人気や需要を考えると残念ながら低いと言わざるを得ません。

 現行モデルが中古車で手に入るようになった今、前モデルの価値はさらに下落しています。新型が手ごろに手に入るのに、わざわざ古いモデルに手を出すユーザーは少ないはず。業者としても、積極的に欲しい車ではないでしょう。

 見た目や走行距離など、なるべく新車に近い状態でも難しい査定が待っているでしょう。セダンは特に厳しい状況が続いていますが、シルフィも例外ではありません。海外需要を頼ってみるのも方法の一つといえそうです。

参考相場表

15S 10年 50万円 11年 56万円 12年 67万円
20S 10年 38万円 11年 42万円 12年 54万円
20M 10年 38万円 11年 42万円 12年 54万円
20G 10年 29万円 11年 33万円 12年 44万円
アクシス 10年 55万円 11年 59万円 12年 74万円
アクシス
運転席パワーシート仕様
10年 58万円 11年 63万円 12年 77万円

シルフィの特徴とモデルチェンジの推移

 かつてのブルーバードシルフィが現在のシルフィになります。ブルーバード時代から数えると現行モデルで3代目。初代は2000年に誕生しました。同社「サニー」をベースに開発されており、保守的で上品な中級セダンとなっています。

 これまでに2度のフルモデルチェンジを行いました。2012年に登場した現行シルフィは、北米ではセントラ、オーストラリアではパルサーセダン、台湾ではスーパーセントラ及びセントラエアロとしても活躍。後に中国、タイと販売市場も拡大しています。

 エンジンは当時新開発の1.8L MRA8DE型を搭載。トランスミッションはCVTが組み合わせられます。中国、タイ仕様では1.6L車をラインアップ。国内でのラインアップはベースグレードの「S」、スタンダードな「X」、ハイグレードの「G」が基本となります。

 2015年には2種類の特別仕様車を発表しました。「G」をベースに、本革ブラックシートや合皮ドアトリム、16インチ切削光輝アルミホイールを装備した「Gルグラン」。「X」をベースに、専用フロントバンパーやリアエアロバンパー、キセノンヘッドランプなどを装備した「Sツーリング」の2モデルです。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加