ムーヴコンテ買取査定のポイントと相場

この記事の所要時間: 519

ムーヴコンテの写真

ムーヴコンテのモデルチェンジの予想

 ダイハツ「ムーヴ」の派生シリーズである「ムーヴコンテ」。2008年に発売されて以来一度もフルモデルチェンジは行われていません。本家ムーヴは年内にもフルモデルチェンジが予想されていますが、ムーヴコンテが同時に新型へ移るかどうかは不明です。次期型が出ない場合には、一代限りでの廃止ということになるかもしれません。

ムーヴコンテの買取相場

 発売から6年以上が経過するムーヴコンテですが、現在も同じ代の稼働が続いています。本家ムーヴ同様にノーマルモデルとカスタムモデルが存在し、ノーマルモデルの方が親しみやすい顔つきとなっています。箱形の特徴的なボディからか女性人気も高く、ライト層にも支持される実用性の高い軽自動車となっています。このことからリセールはそれなりに期待でき、状態の良いものであればそれなりの値で買い取ってもらえるでしょう。

 カスタムモデルよりは分が悪いですが、人気の軽自動車ですので需要は十分にあります。可愛い外観も売りの一つですので、その雰囲気を損ねる様な派手なドレスアップは控えた方が良いでしょう。基本は他の軽自動車と同じ様な査定事情となるでしょう。あとは内外装がいかに綺麗かどうか、特に内装面は重視されるでしょうね。稼働年数が長く珠数も多いので、飛び抜けて高く買い取ってもらえることは少ないでしょう。

参考相場表

X 11年 59万円 12年 62万円 13年 66万円
L 11年 56万円 12年 59万円 13年 63万円
カスタムX 11年 71万円 12年 75万円 13年 80万円
カスタムG 11年 73万円 12年 77万円 13年 82万円
カスタムRS TB 11年 77万円 12年 81万円 13年 86万円
G ナビ 11年 63万円 12年 66万円 13年 71万円

ムーヴコンテの特徴とモデルチェンジの推移

 “コンテ”の愛称で親しまれるダイハツの軽自動車といえば「ムーヴコンテ」ですね。直線や平面を多用したデザインが最大の特徴であり、本家と比べても違いは一目瞭然となっています。それだけでなく内装もオリジナルとは異なっており、高さ以外の室内寸法はムーヴよりも小さく設計されていますが前席にパワーエントリーシートを採用しています。ほかにも質感や快適性を高めた仕様となっており、主に前席を優先したモデルと言えるでしょう。

 4代目ムーヴが登場した2008年に派生シリーズとして誕生しました。宣伝広告には「カクカク・シカジカ」という名のマスコットキャラクターが使われたことも特徴ですね。

 2011年にマイナーチェンジを行っています。NA仕様全車に第2世代KFエンジンを採用し、「X」にはアイドリングストップ機構である「eco IDLE」も搭載されました。エクステリアではフロントグリルのデザイン変更、センタークラスターがダークシルバーに変更されています。装備面では平均燃費計の追加や、一部グレードを除いては運転席リクエストスイッチをキーフリーシステムへ追加しています。なお、先に挙げたパワーエントリーシートはこのマイナーチェンジで廃止となりました。

 2013年に一部改良を行っています。内装・外装ともに意匠変更を行ったほか、ボディカラーの入れ替えがなされています。また、コンテカスタムの専用色であった「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」もオプションで選択可能となりました。同時にオプション設定でラインアップされていたマスコットキャラクター・カクシカを用いたアクセサリーが廃止されています。

 2014年5月に特別仕様車を3種類投入しています。まずは既存の「X」をベースとした「スマートセレクションSN」。スマートフォン連携ナビやスーパーUV&IRカットフロントガラス、スーパーエアクリーンフィルター装備したグレードとなっています。

 次に同じく「X」をベースにした「VS」。フロントグリルとフォグランプベゼルをパールホワイトとし、リアコンビランプをクリアクリスタル化させました。また、リフレクター付カラードエアロリアバンパーを装備しています。更に「VS」に「スマートセレクションSN」の装備を追加する「VSスマートセレクションSN」もラインアップ。グレード体系をより充実した内容とさせました。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加