ティアナ買取相場とモデルチェンジ情報

この記事の所要時間: 76

PENT1617

ティアナのモデルチェンジの予想

 日産の世界戦略車である「ティアナ」ですが、北米を中心に「アルティマ」としても販売されているモデルです。アルティマに関してはマイナーチェンジ後のモデルが公開されており、この流れを汲んでティアナも次期型になるとみられます。

 ビッグマイナーチェンジと言われているアルティマの改変。Vモーショングリルが与えられ、リアコンビランプを横長デザインにするなどスポーツ感を強めたデザインに仕上がっています。

 内装は新型ムラーノなどに採用された「グライダーウィング」デザインを用いたほか、シート生地の変更などで上質さを高めています。ティアナにも同じエッセンスが加えられれば、先進的なデザインになることが期待できますね。

ティアナの買取相場

 日本国内で現行ティアナが発売されたのは2014年2月です。初回車検を迎えていない現行モデルは、中古車市場への流通が少ないため査定に有利な条件となります。現在であれば、高値で買い取ってもらえるでしょう。

 グレードは4種類とシンプルなのでわかりやすいでしょう。基本は新車価格に準じた査定額となりそうです。高級志向のモデルなので、それに見合った装備品がプラス査定となるでしょう。内外装も綺麗に保っておくことがポイントですね。

 2017年の初回車検時期になると、手放す人も多くなると考えられます。中古車相場が変動するタイミングになるので、これまで通り高額査定を得られる機会は少なくなるでしょう。そうなる前に手放すことで、最も良い条件を引き出しやすいはずです。

参考相場表

XE 14年 129万円 15年 137万円 16年 178万円
XL 14年 147万円 15年 153万円 16年 196万円
XV 14年 162万円 15年 169万円 16年 214万円
XLナビAVM
パッケージ
16年 236万円
XVナビAVM
パッケージ
16年 257万円

前モデルの買取相場

 2008年から約6年間販売されていた2代目ティアナ。現行モデルの販売期間がさほど経過していないため、中古車でメインとなるのはこの代のティアナとなるでしょう。

 一定量の中古車流通が考えられるティアナ。同クラスセダンとしては評価が高いモデルではありますが、飛び抜けて人気があるわけではありません。また、セダン自体の人気も低いのが現実。上質なモデルではあるものの、査定額はそこまで期待できないでしょう。

 ティアナといえば、海外でも販売されているモデルです。従って国内需要だけにこだわらず、広い視野で査定に望むことが好ましいでしょう。途中で廃止された3.5Lモデルよりも、コストパフォーマンスの良い2.5L車の方が有利と考えられます。

参考相場表

250XE 12年 63万円 13年 88万円 14年 94万円
250XL 12年 78万円 13年 106万円 14年 112万円
250XLスポーテ
ィセレクション
12年 89万円 13年 98万円 14年 104万円
250XLプレミアム
セレクション
12年 78万円 13年 106万円 14年 112万円
250XV 12年 102万円 13年 136万円 14年 144万円
アクシス 12年 83万円 13年 143万円 14年 151万円

ティアナの特徴とモデルチェンジの推移

 グローバルモデルであるティアナ。当初は国内生産が基本であったものの、ロシアや中国、タイなど国によっては現地生産もなされています。世界に広まっている上質セダン、その誕生は2003年2月でした。

 かつての「セフィーロ」や「ローレル」の後を継ぐモデルとなったティアナは、大型セダンのライバルに比べて比較的廉価なこと、高級感や室内の居心地の良さなどが受けて普及していきました。初代の売り上げ台数、そのほとんどは中国市場となっています。

 ティアナが初めてフルモデルチェンジを行ったのが2008年。アルティマやマキシマと共通のDプラットフォームを採用し、新開発のフロントストラットサスペンション、リアマルチリンクサスペンションを搭載。衝撃吸収性や静粛性を高めています。

 現行モデルのティアナは、モダンリビングというインテリアコンセプトと、2代目から続く「OMOTENASHI」のコンセプトを洗練。アルティマとの共通化も進められてコスト削減が図られています。MOD機能付きアラウンドビューモニター、車線逸脱警報、後側方車両検知警報を採用し、安全面の強化もなされました。
 
 トランスミッションは全車エクストロニックCVTで、エンジンは2.5L、駆動方式はFFのみとなっています。国内仕様に関しては、全車において「平成27年度燃費基準」を達成する優秀な燃費性能となりました。

 2015年に一部改良を行っています。エクステリアのフロントデザインを変更、一部グレードにてエマージェンシーブレーキと衝突防止アシストの標準装備化がなされました。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加