MRワゴンのドレスアップ

この記事の所要時間: 457

アウトライン

“初代MRワゴン”は2001年12月に初めて市場に投入された、スズキの“軽・トールワゴン”というジャンルの車だ。この初代のデザインはいわゆる“モノフォルムデザイン”と呼ばれた、“トヨタ・エスティマ”に通じるところのあるフォルムを持っていたので、軽自動車のジャンルとしては、独特なものではあった。

この初代、いろいろと凝ったといのか結構贅沢な装備をもっていて、一番廉価なグレードを除くと、全車電動可倒式ドアミラーを装備していたり、あるいは“X”ナビパッケージには、“インダッシュナビ”も搭載されるなど、かなり気合いの入ったつくりをしていたので、この車に掛けるスズキの意気込みも判るというものだった。

またコンパクトに見える外見からは想像できない、広い室内空間を持っていたのだが、ベースとなる“2代目ワゴンR”のリアサスペンションの取り付け位置を変更することで得られた、ということだった。

スポンサーリンク

2代目は“ママのワゴン”というように、車自体のコンセプトが変更されたので当然デザインも変わり、いわゆる“モノフォルムデザイン”ではなくなり、2ボックスタイプに近い形状になったのだ。これは、装備も含めて若い主婦層を取り込むことができたのだが、、いわゆる“若者”を取り込むことはできずに、3代目になって、またまたコンセプトは変更されて“低燃費・広い室内空間・個性派デザインを採用した新感覚軽ワゴン”という、大変に長いコンセプトになっている。

当然デザインも変わって、若者をターゲットにしたデザイン性を持っているのだが、どことなく“ダイハツ・タント”に全体のイメージに、似ていないこともないと思える。

実際、最近の車達はちょっと離れてみると、エンブレムを見ない限りどれがどの車なのか、なかなかひと目で判別をすることは難しいような気がする。

この3代目は広い室内空間を実現するために、ホイールベースが先代に比べると65mm拡大され、結果としてはワゴンRやパレットよりも25mmも長くなり、スズキの軽乗用車の中で最も長い2,425mmというサイズになったのだ。

これはデザインにも影響を及ぼし、前後のオーバーハングはかなり小さくなって、結果的に安定感のある外見に貢献できているのかもしれない。

エアロキット

この車のドレスアップをすることを考えて、イメージチェンジの王道であるエアロパーツを調べてみたのだが、その製品ラインナップはかなり少なく、選択肢は限定されてしまう。

それでも構わないのであれば、どれかを選ぶことはできる。また、装着すれば必ずイメージを変えることができるので、一度資料を集めて検討してみるといいかもしれない。

資料はネットで探すこともできるが、概ねのところでメーカーなどのホームページになるので、宣伝広告のためにはということになるために、ベストアングルからのショットがほとんどに近い。このため、実車とのイメージには乖離が出てくる可能性は高い。

特に現実にはそのアングルから車を見たり、見せたりできないようなローアングルショットは、かなり迫力があるので注意が必要になるだろう。

自動車雑誌のバックナンバーで、特集記事が組まれているものを探して、その画像を見ると、決してすべてがベストアングルになっていることはないので、一度出版社に問い合わせて、確認をしてバックナンバーがあれば有償だが送ってもらえるはずなので、検討してみてはいかがだろうか。

タイヤ&ホイール

次はタイヤとホイールなのだが、常套手段的にインチアップホイールに、扁平率を示す数字の小さい厚みの少ないタイヤをセットして履かせてみたい。そして、口径の大きくなった開口部から見えるキャリパーなのだが、カスタマイズのときに交換してあれば“ブランドカラー”になっているだろうから、そのままでもいいが、そうでなければ赤や黄色にカラーリングをしてみてはどうだろう。

そして、ホイールの外周に3㎜程度の幅で、ダークレッドや芥子色のカラーリングをすると、割合に強いがくどくないアクセントにすることができる。

あとはローターなのだが、スリット入りなどの製品に交換をしておくと、かなり迫力を表現できる仕様にすることは可能だ。

バケットシートを装着

そしてインテリアなのだが、ここはやはりスポーツタイプのバケットシートに交換をしておきたいところだ。ファッション性と実効性を求めて、ぜひやっておきたいと思う。

バケットシートと言えば、ちょっと前まではほとんどワンブランド独占的なイメージがあって、おまけその製品は確かにいいのだが、かなり高価なので、なかなか手を出しづらかったのだが、現在ではかなり製品数も増えているし、性能面、デザイン面ともになかなか高いクォリティーをしめしているので、ぜひショップの方に相談をしてみるといいと思う。

シートをこのタイプに交換すると、体がしっかりホールドされるので、コーナリング中に脱力したままでステアリングとペダルの操作ができる。このため、的確なコントロールになる。このために、車自体も的確に動くことになるので、運転が急に上手くなったような気がすることまであるのだ。

シートを交換したことによる弊害は、ほとんどなく、せいぜい仮眠をとるときの寝心地が少し悪くなる程度だろう。ぜひ、一度ショップで相談をしてみていただきたいと思う。

シートを交換したついでに、シートベルトをスポーツタイプに交換してしまう、という手法もある。これはかなり迫力のある演出ができる。

あとはしっかりとした強度のある素材で造られた、滑り止め機能のついたスポーツペダルに交換すれば相当イメージはかわる。もっと変えたければ、各種のスポーツメーターも出ているので、交換すると結構スパルタンなイメージを作ることは、充分に可能だ。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加