エスティマのドレスアップ

この記事の所要時間: 536

アウトライン

“初代エスティマ”は、トヨタ自らが“天才卵”と呼ぶほど、当時のワンボックスカーの中では目立った存在だった。1990年5月に市場に現れたこの初代エスティマには、実はお蔵入りになる寸前までいったという、ちょっとしたい経緯があったのだ。

この初代エスティマは、エンジンを深い角度で寝かせることによって、フラットフロアー化の達成ができた。その結果、フロントタイヤを運転席よりも前にレイアウトすることができて、ちょっとしたミッドシップレイアウトを取ることができたのだ。

しかし、このレイアウトのキーを握っていたのは、実は当時トヨタが開発していた“2ストロークエンジン”を使って、コンパクトなエンジンルームを作ることで、この構成を達成しようとしていたのだと言う。

しかし、エミッションコントロール対策が思うに任せず、結局このエンジンはお蔵入りになってしまい、危うくこのボディーまでがお蔵入りになるところだったのだが、通常の“4ストロークエンジン”を、前述のように深い角度で寝かせることによって、生き返らせたのだった。

スポンサーリンク

他にもハイエースのコンポーネントを流用したりして、何とか製品化に漕ぎつけたという、裏話があるといわれている。そして、このエスティマは、いわゆる商業車種をラインナップに加えない、独立モデルであったことも特徴的なことではあった。

しかし、ライバルたちがV6の大排気量エンジンにシフトしていく中で、その特徴的なエンジンレイアウトのせいなのか、大排気量エンジン搭載はできないため、スーパーチャージャーを採用してパワーを稼いぎ、市場の要望に対応していたという事実もあったようなのだ。

そんなことを踏まえてなのが、2代目からはV6の大排気量エンジンを採用して、はじめから高級ミニバン市場の要望にこたえられるよう、コンセプトは変わった。当然、デザインも変わって、いわゆる卵型のボディーを脱却してシャープなイメージで、少々押し出しのきくデザインとなっている。

1.5ボックスタイプになったデザインは、アルファードなどともそのフォルムは共通しているし、サイズ的にも似たようなものになっているが、アルファードよりも大人しい感じにまとめられている。

そして、現行モデルは3代目となっていて、2代目からのコンセプトを継承している、いわゆるキープコンセイプトモデルになっているのだ。

しかしこのモデルからは、プラットフォームもフロント部分を“トヨタ新MC”プラットフォーム、後半分は専用設計というものに変更して、独自性を高めていくことになった。

こうして出来上がった3代目の外寸と重量は、全長4,795~4,800mm、全幅1,800mm、全高1,730~1,760mm、重量1,700~1,970kgという数値になっている。かなり大きく、かなり重いという印象があり、重量はライトヘビー級といったところで、アルファードと比べてもほとんど変わらない数値になっているが、アルファードよりも大人しいイメージになっている。

このある意味では洗練されているスタイルを、もっと自己主張したいと思うのは、この車を所有した時から仕方のないことなのかもしれない。

エアロパーツ

どんなイメージに自分の車をドレスアップしていくのか、という作業から始めなくてはいけないのだが、まずは画像のチェックから始めなくてはいけない。この作業、けっこう楽しいので、時間をかけても苦にはならないと思う。

パーツメーカーによっては、コンプリートカーの画像などもネット上から検索することは可能だし、その他の画像も検索することは充分に可能だ。

しかし、もっと客観的な画像のチェックをすることも、重要なことのなるので、どんな資料に客観性があるのかと考えると、自動車雑誌のバックナンバーに、特集記事などが掲載されている号を、直接出版社に問い合わせることも一つの方法だと思う。

該当する号があれば、有償にはなるが送ってくれる出版社は多くあり、門前払いになるケースはあまりないと思うので、一度問い合わせをしてみるといいと思う。

雑誌の記事でも、いわゆる“ペイドパブリシティー”という、メーカーがページを買って記事を作ってもらうという手法もあるので、そこは注意が必要になる。

ショップ選び

こうしてパーツの候補が決まったら、次は取扱ショップを探すのだが、これはネット検索で充分だと思う。もし、足りない場合には、自動車雑誌の広告覧を見ればかなりのデーターを集めることは可能だ。

ショップの候補も決まれば、一度出向いてみてスタッフさんたちとコミニュケーションを取って、良好な関係を作れそうなところをピックアップして、候補を絞り込む必要はあると思う。

ショップとの関係を上手に作ることができれれば、後々、何かと心強い相談相手になってくれることになるからだ。新開発のエンジンチューンパーツや、ダンパー、さらには心ならずも壊してしまったエアロパーツの修理などの相談にも、頼りになる存在になってくれることだと思う。

タイヤ&ホイール

エアロキットが決まれば、次はタイヤとホイールなのだが、インチアップホイールに扁平率を示す数字の値が小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせ、シャープなイメージを追求したいところとだ。

ホイールのデザインが車全体に与えるイメージは大きく、選び方を失敗すると車のイメージは自分の意思と関係なく、面白くないことになってしまうので、スタッフさんにイメージと予算を伝えて、候補をだしてもらって、その中から選べば大きな失敗はないと思う。

つづいてホイールの開口部から見える、キャりパーを赤や黄色でカラーリングをしてみるといいのだが、カスタマイズによってキャリパーを交換してあって、ブランドカラーになっている場合にはその必要はないかもしれない。

バケットシートを装着

あとはここまでスポーティーを追求してきたのだから、シートもスポーツタイプのバケットシートに交換をして、ファッション性と実効性の両面を満足させてみてはどうだろうか。

これもスタッフさんに予算などを伝えれば、それなりの候補を選んでくれるので、相談をしてみるといいと思う。ちなみにシートをバケットタイプにしても、マイナス点としては、仮眠をとるときに寝心地が多少悪くなる程度のものだから、問題はないと思う。

そして、しっかりとした強度を持つ素材で造られた、滑り止め機能を持ったスポーツペダルに交換をすれば、“自分スペシャル・スポーツパッケージ”のエスティマの完成となる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加