アルファード買取相場とモデルチェンジ情報

この記事の所要時間: 611

PENT1430

アルファードの買取相場

 現行モデルの「アルファード」は2015年1月に販売開始となっています。発売からまだ1年と数ヶ月。中古車市場では出揃っていないモデルですので、当分は高額査定が期待できるでしょう。

 さらにアルファードといえば、高級志向なミニバンで人気のモデル。車自体の人気にもあやかることができるので、かなり好条件な査定が待っていると思われます。

 いずれのグレードでもそれなりの価値が期待できますが、特にアドバンテージの高いのがハイブリッドモデル。該当車は有利な条件となるでしょう。高品質な装備品も反映されやすいので、丁寧に取り扱っておいてください。

 現行アルファードの買取で気をつける点といえば、初回車検時期。2018年頃には中古車での流通が増え、相場も変動するとみられます。そうなる前に手放すことで、アルファードを最も良い条件で手放せるはずです。

参考相場表

3.5SA 16年 322万円
3.5SA Cパッケージ 16年 348万円
3.5GF 16年 364万円
2.5G(7) (4WD) 16年 337万円
2.5G(8) (4WD) 16年 335万円
2.5S Cパッケージ(4WD) 16年 348万円

前モデルの買取相場

 1つ前のモデルのアルファードは、2008年から約6年半販売されていたモデルになります。ずっしりとしたボディと広大な室内空間、ラグジュアリーなインテリアが売りのアルファード。ミニバンでの人気も上位に位置し、中古車での需要も高いモデルといえます。

 基本的な買取相場は高いほうであるアルファード。ただ、人気ゆえに中古車市場でも球数が揃っているため、相場以上の価格を狙うとなると難しい面もあるでしょう。短走行で高年式である。上質な装備が揃っているなどの強みがあれば、高額査定も視野に入るはずです。

 装備品でいえば、派手なカスタマイズは避けたほうが無難でしょう。装飾面ではヴェルファイアが担っている部分もあるので、アルファードは上品さ、落ち着きを重視したほうが◎。例え過走行であっても、値がつかないというのはまだまだ考えられないでしょう。

参考相場表

240X 13年 197万円 14年 206万円 15年 218万円
240S(8) 13年 232万円 14年 244万円 15年 255万円
240S(7) 13年 234万円 14年 244万円 15年 272万円
240G(8) 13年 230万円 14年 243万円 15年 258万円
240G(7) 13年 240万円 14年 240万円 15年 242万円
240S 
Cパッケージ
13年 287万円 14年 294万円 15年 304万円

アルファードの特徴とモデルチェンジの推移

 トヨタの大型ラグジュアリーミニバンであるアルファード。日産“エルグランド”の対抗馬として開発され、今ではライバル以上の人気を獲得しています。日本人好みの豪華さに徹底的にこだわり、ユーザーに“高級な大型ミニバン=アルファード”というイメージを植え付けました。

 アルファードが初めてフルモデルチェンジを行ったのが2008年5月。3代目エスティマと共通のシャシーが採用され、“G”と“V”のネーミングを撤廃。代わって兄弟車となる“ヴェルファイア”をネッツ店から、アルファードはトヨペット専売車としています。

 2代目アルファードには初代同様7人乗りと8人乗りが用意され、前者にはキャプテンシートが採用されます。2011年にはマイナーチェンジを実施し、内外装のデザインを変更。同時にユーザーからの期待に応え、ハイブリッドモデルがラインアップされました。

 2015年1月に登場にしたのが現行モデルのアルファード。ロアグリル一体型の大型フロントグリルが目を引く、大胆に刷新されたデザインに。横幅のワイド感を強調したグラマーなボディとなり、これまでのアルファードとは一味違った攻撃性も感じられます。

 グレードはV6エンジン搭載となる3.5L仕様、直4エンジンの2.5Lのほか、先代に続きハイブリッドモデルもラインアップ。ハイブリッド車のエンジンはアトキンソンサイクル搭載の2AR-FXE型。これに6速シーケンシャルシフトマチックやE-Fourを採用するなどで燃費性能を向上させました。

 ハイブリッド車の最上級グレードには、レーダークルーズコントロール、インテリジェントクリアランスソナーなどほかのグレードではオプション装備となる上質アイテムが標準化されています。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加