シーマのドレスアップ

この記事の所要時間: 559

“ニッサン・シーマ”は1988年1月から、2010年1月まで発売されていた、高級サルーンカーだ。なお、現行モデルは5代目として存在するのだが、“フーガ”ベースのHVとなっているので、ドレスアップは基本的にはフーガに準じることになるので、ここでは生産を打ち切られた4代目を対象にして、ドレスアップを考えていくことにしたい。

初代シーマが登場した1988年は、まさにバブルのまっ最中ということもあったのか、初代のライフスパンだった4年間で13万台近い販売台数を記録している。この結果“シーマ現象”とい言葉まで生まれ、高級品がバカ売れすることを何となく揶揄していたのかもしれない。

この初代シーマは当時の“セド・グロ”の上級車種として企画・開発された。Y31のセド・グロとおなじプラットフォームを採用していたのだが、全車種が3ナンバー枠のボディーであったことからも、あきらかに上級車種であることを明確にしていた。

スポンサーリンク

特徴的だったのはその動力性能で、乗っている全員も、そとから見ている人たちも、誰もが解るほど全力加速のときにはテールが沈む。こんな暴力的な動力性能を持った量産高級サルーンは、世界的に見てもたぶん皆無だったのではないだろうか。MBのAMGやBMWのアルピナなどにはあったのだうけれど、量産車ではなかったから比較の対象にはならない。

またこの初代シーマは電子制御エアサスペンションを採用していたので、その乗り心地は大変よかったとも言われている。法人の役員車やハイヤーは、上級車種のプレジデントに任せたということなのだろうか。

このシーマの加速性能とエアサスが作り出す快適性は、当時の車好きの中高年層をシビレさせたというから、かなり売れたということもよく理解できる。

デザイン的にはかなりスタイリッシュを意識したのか、セド・グロと同じように“ピラーレスハードトップ”を採用していたので、センターピラーがない、スッキリとしたサイドビューを見せていた。ほかには凹凸が少ないことが特徴だったといえるだろう。この車のデザインモチーフは、何と“奈良の大仏様”だというから、ちょっとびっくりする。

その結果、凹凸の少ない滑らかなラインになったため、本の少しだけ“ジャガーXJ”的な要素を見ることができるのかも知れない。

2代目のデザインもキープコンセプトに近く、丸みがあってプレスラインの少ない仕上がりになっていた。やはり何となく、イギリスの高級車的なフォルムを持っていたといってもいい思う。

3代目シーマの概要

3代目からは一変してちょっとゴツイ感覚になり、日本の車的になったと言ってもいいと思う。別の見方をすると、見栄えの悪いドイツ車的な感覚ともいえる。

やたら多いとは言わ舞いが、ボンネットやサイドビューには、目立つプレスラインがはいっていて、Cピラーの傾斜を強めて動きのあるところを狙ったと思うのだが、なんとなく失敗作に見えて仕方がなかった。

そしてこの4代目なのだが、あくまでも日本車的なのだが、存在感のあるデザインになっている。けっして格好いいとは言い切れないのだが、そこそこ見られるし押し出しも効くデザインだと思う。また、野暮ったい部分もあるのだけれど、何となくまとめてきたという感じもする。

発売間際までデザイン変更をするにいいだけした、という裏話もあるぐらいなので、メーカーとしてもいろいろと迷ったことは事実なのだろうと思う。

とにかく何にも似ていなくて、重厚感と上質なイメージを打ち出せたことは、うまくいったことになるのだろう。

エアロパーツ選び

こんなシーマをドレスアップするのだが、はたしてエアロパーツはあるのだろうかと思い、調べてみるとそれが結構あるので、ちょっと驚いた。

しかしメーカーによってかなりイメージが違い、一昔前に流行ったような、いわゆる“VIPカー”的な族車仕様もあれば、控え目な感じなのだが、取り付けるとシーマのイメージがシャープになるようなものまで、様々あるから注意していただきたい。

そこで画像をチェックして、イメージを決めなくてはいけなのだが、そのためには資料を入手することになる。一番簡単なのは、ネットでメーカーのホームページを検索して画像を見ることだが、この画像はほぼ100%が販促を目的にしているため、客観性に欠けるきらいがある。

日頃はこの角度から車を見ないし、見せることもないようなアングルからのショットなど、かなり迫力があって“おお、格好いい”と思ってしまうから、実車とのイメージの乖離があることをあらかじめ覚悟しておかなくてはいけない。

そこで、自動車雑誌のバックナンバーでシーマのドレスアップ特集などの記事が掲載されている号を、出版社に直接問い合わせて確認してみるといいと思う。該当する号があれば、ほとんどの場合には有償だが送ってもらえる。このほうが、客観性は高い。

ショップ選び

こうしてパーツの候補が決まると、今度は取扱ショップを探すことになるのだが、これはネット検索で充分だと思う。ショップの候補も決まったら、直接出向いて行って、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取ってみることをお勧めしたい。

良好な関係を築けそうだったらいいと思う。何しろ、ショップとの付き合いは有機的になって、かつ期間も長くなるからだ。

ショップでは3つのことを確認していただきたいと思う。ひとつはパーツ自体のクォリティーで、ふたつ目は取り付け等の技術面、3つ目が肝で、実車チェックになる。実車をチェックできれば、イメージとの乖離がどれぐらいあるのかということも、充分に確認できるからだ。もし、無理だったら、施工車両の写真があるケースが多いので、それを見せてもらうと客観性は高まる。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車自体に与える影響は大きい。失敗すると、かなり残念な結果になってしまうから、充分に注意をして決めていただきたい。スタッフさんに予算などを伝えれば、候補を挙げてくれるのでその中から選べばいいと思う。

インチアップしたホイールに、扁平率を示す数字が小さい厚みの少ないタイヤを履かせてみたい。

バケットシートを装着

そして室内に目を向けると、豪華だが、そんなにホールドのよくなそうなシートが目につく。これを、思い切ってスポーツタイプのバケットシートに交換してみてはどうだろう。

車格に合わせて、やはりここは“レカロ”にしたいところだと思う。オリジナルのシートを取っておくことができれば、車を買い替える時に元に戻して、レカロのシートは次の車にも使える。若干シートレールの件などもあるが、そんなに大きいい金額にはならないから、検討してみていはいかがだろう。

最後に、しっかりとした強度をもったスポーツペダルに交換しておくと、自分なりに満足感のある車にすることができたと思う。まさに“サティスファクション”かもしれない。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加