CR-Z買取相場とモデルチェンジ情報

この記事の所要時間: 545

CR-Zの中古車市場での買取相場や下取り・買取で査定してもらう時に注意すべきポイントなどCR-Zの売却に関わる情報ほかモデルチェンジなどCR-Zについての情報ページです。
CIMG1360

CR-Zのモデルチェンジの予想

 ハイブリッドシステムを搭載しながら、走りに拘るスポーツクーペとして誕生したのがホンダ「CR-Z」です。エコカー主体の現代でも運転の楽しさを味わうために、ハイブリッドモデルにスポーツ性を強く盛り込みました。発売から5年半が経過し、2度目のマイナーチェンジも発表されたばかり。改変後のモデルも楽しみですが、新しい世代のモデルを待つユーザーもいるでしょう。

 次期CR-Zには同社「アコードハイブリッド」にも搭載されているi-MMDが採用される見込みです。2つのモーターを備えたi-MMDはEV走行時間が長く、ガソリンエンジンに頼らない走りも期待できる先進システムです。本格的なスポーツクーペであるCR-Zとi-MMDが組み合わせると、どんな走りを見せてくれるのか気になりますね。

 エンジンクラスは1.5Lほどになると予想されており、発売時期は2017年頃との見方があります。マイナーチェンジの発表があったばかりなので、新型の時期的にも妥当でしょう。もしくはさらに開発に時間をかけることも考えられますから、完成度の高い一台が期待できるかもしれません。

CR-Zの買取相場

 現行型であり初代モデルのCR-Zは2010年2月に発売となっています。昨今売れ筋のハイブリッドカーであるCR-Zですが、趣味性の高いスポーツクーペというスタイリングです。相反する要素が一体となった特殊なモデルと言えるでしょう。

 ハイブリッドは確かに売りになりますが、見た目や仕様など全体的に見るとやはり趣味の車になりますね。一般的な需要は期待できない反面、一部のマニア層などには高いニーズを誇ると言えます。従って売却先を見極めることが高額査定への一歩となるでしょう。

 既に初回車検も迎えており、それなりの在庫が存在するCR-Z。状態が良ければそれなりの評価となるでしょうが、悪ければ足元を見られる可能性もあります。スポーツモデルなので走行性能の状態、事故歴の有無などは大きく響いてくるでしょう。

 過去に限定販売されたMUGEN RZは車両価格が高額なこともありますが、専用チューニングなども施され一定のアドバンテージがありそうです。フルモデルチェンジの予想も出てきていますから、新型が出る前の売却もポイントとなるでしょう。

参考相場表

α 13年 124万円 14年 135万円 15年 151万円
β 13年 107万円 14年 114万円 15年 129万円
αマスターレーベル 13年 139万円 14年 150万円 15年 165万円
αドレスドレーベルⅢ 14年 155万円 15年 167万円
α(MT) 13年 134万円 14年 148万円 15年 170万円
β(MT) 13年 113万円 14年 126万円 15年 139万円

CR-Zの特徴とモデルチェンジの推移

 モータースポーツに参戦するなど、本格的なスポーツモデルとしても活躍するCR-Z。当時は目標月間販売台数1000台を大きく上回る10000台の受注を叩き出し、2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど実績も残しているモデルです。ハイブリッドカーとしては世界初の6速MT仕様をラインアップした車でもあり、当初の購入者4割を占めていたとされます。

 2010年度グッドデザイン賞、オートカラーアウォード2011グランプリを獲得するなどデザイン面でも高く評価されているCR-Z。スタイリッシュな外観、作り込まれた室内で新時代のスポーツモデルを表現しています。

 エンジンはLEA型1.5L直4 SOHC i-VTECエンジンを採用。トランスミッションはCVTと6速MTの2種類が用意されています。電気系統を制御する「3ドライブモードシステム」を搭載しており、“NORMALモード”、“SPORTモード”、“ECONモード”の3つのモードをシーンに合わせて切り替えることが可能です。

 2012年にマイナーチェンジを行っています。ホンダとしては初めてリチウムイオンバッテリーを採用し、モーターやエンジンの出力向上などが図られています。そのほか内外装のデザイン変更と、M-TECより遠心式スーパーチャージャーなどを追加した「Honda CR-Z MUGEN RZ」の発表も併せて行われています。

 2015年10月に発売となる改変モデルですが、エクステリアの刷新や新装備の採用、グレード体系の整理がなされています。ハンドリングやブレーキ性能の向上、安全装備を詰め込んだ「あんしんパッケージ」の設定など装備面でも充実化が図られています。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加