アルト買取相場と査定のポイント

この記事の所要時間: 643

アルトの中古車市場での買取相場や下取り・買取で査定してもらう時に注意すべきポイントなどアルトの売却に関わる情報ほかモデルチェンジなどアルトについての情報ページです。
0IMGP5811

アルトの買取相場

 現行型のスズキ「アルト」は2014年12月にフルモデルチェンジを行ったばかりのモデルになります。スズキを代表する車でもあり、日常の足となる軽自動車の代表格とも言えるでしょう。燃費性能に特化した「アルトエコ」は廃止となりましたが、当代アルト自体が37.0km/Lを達成する超低燃費車となっています。

 当然ながらしばらくは安定した査定額が待っているでしょう。販売期間が浅い人気の軽自動車ということで、様々なお店で欲しいと思われているはず。手放すユーザーも少ないと思いますが、中古車流通の少ない今なら高く買い取ってもらえますね。

 逆に中古車での流通が増えてくると苦戦を強いられるでしょう。元々大衆的な軽自動車なので“新しい”というメリットがなくなれば、価値は一気に下がってしまいます。低燃費で手軽という軽の利点は活かせますが、高額査定を得たいのであればやはり流通が増える前に手放した方が良いですね。一般的には初回車検を迎える時期に流通が増えると言われています。

参考相場表

VP(MT) 14年 33万円 15年 35万円
VP 14年 38万円 15年 39万円
F 14年 45万円 15年 46万円
L 14年 45万円 15年 47万円
S 14年 53万円 15年 55万円
X 14年 57万円 15年 59万円

前モデルの買取相場

 一つ前のアルトは2009年から約5年間販売されていました。実用性の高い軽自動車として高い知名度と需要を誇り、中古車でもニーズが期待できます。新型が販売されたことで前型の相場は全体的に下がったと思われますが致し方ないでしょう。

 実用性の高さゆえ、市場には多くのアルトが流通しています。加えて軽自動車は他社も力を入れているジャンルですから、強豪も多い。古いモデルのアルトはどうしても分が悪くなりやすく、多少状態が良い程度では思った価格にはならないかもしれません。どちらかというとリセールは低めと思っておいても良いでしょう。

 低燃費仕様のアルトエコも、ノーマルアルトよりはアドバンテージが高いかもしれませんがそれほど突出したものでもないでしょう。2011年の追加ということで新しいモデルも多いとは思いますが、少しでも走行距離が伸びないうち、年式が古くならないうちに売却を考えるのが妥当と言えそうです。

参考相場表

F 12年 28万円 13年 34万円 14年 39万円
VP(MT) 13年 22万円 14年 27万円
VP 13年 26万円 14年 33万円
G 12年 32万円 13年 36万円
ECO-L 12年 39万円 13年 39万円 14年 44万円
ECO-S 12年 41万円 13年 43万円 14年 47万円

アルトの特徴とモデルチェンジの推移

 軽ボンネットバンブームの先駆けとなったスズキ・アルトの歴史を追うと1979年にまで遡ります。「フロンテ」の姉妹車としてヒットし、現在も乗用・商用ともに活躍し続ける一台です。多くの派生車種があることも特徴で、人気モデルである通称“ラパン”もその一つということをご存知でしょうか。

 近年のモデルでいうと2009年に発売された7代目があります。エクステリアは全体的に丸みを帯びたデザインが採用され、最上級グレードにはキーレスプッシュスタートシステムやイモビライザーなどの装備を与えられています。2011年には派生車種であるアルトエコを投入。アイドリングストップ機構を備えた低燃費仕様で、発売当初で30.2km/Lを達成するコストパフォーマンスの高いモデルとなりました。

 現在稼働中のモデルが2014年末に登場した8代目です。7代目のデザインから一転、低めのルーフや特徴的なヘッドランプ、箱感のあるフロントなど初期時代のアルトを彷彿とさせる装いとなりました。アルト史上初となる2トーンバックドア仕様も設定。「X」グレードにて選択でき、バックドアのみがミディアムグレーとなる個性的なモデルです。

 先代のアルトエコは吸収統合される形となり、「F」、「L」、「S」、「X」の4グレードで構成されます。駆動方式はFF及び4WD、トランスミッションは「F」に5MTと5AGS、他グレードにはCVTのみが設定されます。2015年3月には5代目以降設定のなかったターボ仕様車「RS」が追加されました。R06A型エンジンの改良版を搭載し、バンパーロアガーニッシュ、カラードドアミラー、ルーフエンドスポイラーや専用品となる本革巻ステアリングホイールを採用した上質モデルとなっています。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加