ステップワゴンスパーダ買取相場と査定のポイント

この記事の所要時間: 555

ステップワゴンスパーダの中古車市場での買取相場や下取り・買取で査定してもらう時に注意すべきポイントなどステップワゴンスパーダの売却に関わる情報ほかモデルチェンジなどステップワゴンスパーダについての情報ページです。
0IMGP3343

ステップワゴンスパーダの買取相場

 ホンダの売れ筋ミニバンであるステップワゴン。そのスポーティモデルが「ステップワゴンスパーダ」です。親しみやすいフォルムのステップワゴンに対し、スパーダは力強さやスポーツ性を全面に出した個性的なモデルと言えます。

 現行スパーダが発売されたのは2015年4月です。半年を越えたばかりということで、まだまだ中古車で見かけることは稀でしょう。手放す人もいないと思いますが、今後暫くは安定した高値査定が期待できそうです。

 ステップワゴン自体人気のミニバンなので、中古車での需要も大いにあります。グレードごとの違いや装備品の有無も反映されやすく、状態が良ければ良いほど高額な査定となるでしょう。とにかく新しく中古車の流通がないモデルなので、査定に出すとあれば業者も欲しいと思う一台なのです。

参考相場表

スパーダ・クールスピリット 15年 228万円
スパーダ(4WD) 15年 231万円
スパーダ・クールスピリット(4WD) 15年 234万円

前モデルの買取相場

 先代型のステップワゴンスパーダは2009年から販売されていました。今年にフルモデルチェンジされたばかりなので、当然ながら以前よりは中古車の相場も下がったとみられます。ただ、先代といっても元々の人気の高さや知名度から、査定額が急激に下がることも考えにくいですね。

 特にスパーダの場合、ノーマルなステップワゴンよりも比較的高額査定になりやすいとされています。マイナーチェンジ後の後期型であれば更に期待でき、走行距離が多少伸びていてもそれなりの価格となるでしょう。

 ミニバンタイプはファミリー層を中心に支持されています。そのため禁煙車など内装の清潔感も問われてくるでしょう。ナビなどの装備品があれば更に良いですね。外装ももちろん重要で、純正エアロパーツなどを備えていれば評価も上がりやすいでしょう。

参考相場表

Z 13年 185万円 14年 190万円 15年 135万円
Z クールスピリット 13年 196万円 14年 202万円 15年 144万円
Zi 13年 29万円 14年 210万円 15年 151万円
Z(4WD) 13年 212万円 14年 218万円 15年 157万円
Z クールスピリット(4WD) 13年 223万円 14年 228万円 15年 166万円
Zi(4WD) 13年 231万円 14年 237万円 15年 175万円

ステップワゴンスパーダの特徴とモデルチェンジの推移

 スパーダが初めてラインアップされたのは、シリーズ2代目が販売中の2003年です。ステップワゴンのマイナーチェンジに合わせて追加され、専用のフロントグリルやバンパー、ブラック基調のインテリアなどを売りとしたカスタムモデルとして誕生しました。今では本家以上の人気があると言っても過言ではなく、ファミリー層から車に拘りたい人まで幅広く支持されています。

 その後は3代目フルモデルチェンジで一旦ラインアップから外れるものの、2007年のマイナーチェンジで再設定。前回よりパワーアップしたカスタマイズで、ノーマルと好対照なモデルとなりました。4代目ではノーマルとともにフルモデルチェンジが行われ、迫力のあるフロントフェイスなどが特徴的です。

 シリーズ通算5代目、スパーダとしては3代目となるのが現行モデルです。近年普及しているエンジンのダウンサイジング化が図られ、VTEC TURBOのL15B型が搭載されました。これまでのステップワゴンの中でも最も小排気量であり、優秀なコストパフォーマンスを誇ります。

 ノーマルとスパーダ、双方に設けられた新しい装備が「わくわくゲート」及び「マジックゲート」です。前者はテールゲートに小さいサブドアを設けたもの、後者は3列目シート下の床下収納であり、あらゆるシーンにおける利便性や実用性の向上を果たしました。

 スパーダ独自の装備としては、LEDアクセサリーランプを施したフロントグリル及びバンパー、16インチアルミホイールのほか、サスペンションも専用仕様のものが与えられています。上級グレードとなる「SPADA・Cool Spirit」はセンターテーブルや調光機能付LEDルームランプ、ブラックコンビシートなどを備えた特別なモデルとなっています。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加