ムラーノのドレスアップ

この記事の所要時間: 513

アウトライン

ムラーノはニッサンが手がけて発売している、SUVのジャンルに入るクルマだ。

初代は2002年11月に市場投入をされた。開発時には北米市場専用車種としてのコンセプトだったのだが、2003年に東京モーターショウに参考出品されて、意外な反響を生み出したため、世界戦略車としての位置づけに変更されたのだった。

Jー31ティアナと同じFF-Lプラットフォームを使って作られたこの車は、案外大きく、外寸は全長4770mm、全幅1705mm、全高1705mm、重量1640~1780kgという、ミドル~ライトヘビー級のサイズと重量を持っていたのだった。

スポンサーリンク

このサイズと重量をカバーする動力性能を確保するため、パワーユニットはV6 3,5リッターDOHC24Vのみの設定になっていた。その後、シンガポール市場専用にストレート4、2,5リッターDOHC16Vがラインナップに加わったのだった。

ちなみにムラーノというネーミングは、イタリアのヴェネティアングラスの技術漏洩を恐れて、ムラーノに職人たちが集めらた結果できた、美しい工芸品であるムラーのグラスに由来するということらしい。

事実、ムラーノの先進的なデザインは発売当初から受け入れられて、かなり好成績に貢献したことは否定できないと思う。
この初代が発売された時期、日産はかなり深刻な経営不振に陥っていて、どの車もかたく売れることを求められていたのに、このムラーノはかなり思い切ったデザインを採用してアメリカ人だけでは無く、世界中の目を惹きつけた経緯があった。賭けに近いデザインの採用が功を奏したかたちになり、開発陣の苦労が報われたことは想像に難くない。

そのせいか、日本で発売された2004年には“グッドデザイン賞”を獲得していたのだった。

この初代はそこそこの成功を収め、通算販売台数は約50万台、日本では約4万台、アメリカでは42万台を販売した実績が残ったのだった。アメリカと日本以外では4万台の販売台数というところが、ちょっと引っかかる。世界約100カ国での販売を目指していた割には、アメリカと日本以外では鳴かず飛ばずということになってしまっている。何が行けなかったのだろうか。
ヨーロッパ人には受けないデザインだったのだろうか、と考えると、ちょっと辻褄が合わない。東京モーターショウで、思わぬ反響があった中には当然ヨーロッパも入っていたからだ。
受けなかった原因は、2代目になってからも同じなのだが、多分ワインディングでの走りではなのだろうかと、勝手に想像してしまう。

2代目ムラーノの特徴

まあ、それはそれとして、そこそこの成功を収めた初代を引き継いで、2代目は2008年1月に市場に投入された。開発コンセプトはキープコンセプト的で、デザインも初代のイメージを受け継いでいるし、走りもそのままの感覚がある。デザイン的にもコンセプトを受け継いでいると言ったのだが、初代よりももっと斬新になっていることを付け加えなくてはいけない。かなり目立つデザインは、好き嫌いはあるだろうが決して格好悪くはない。むしろ、これだけ癖のあるデザインとしては、よくまとまった方だろうと思える。海外向けには“クロスガブオレ”というタイプまであることを見れば、ニッサンの自信も伺えるということなのだろう。

プラットフォームはJ-32ティアナと同じDプラットフォームを使用していて、サイズ・重量は、全長4825mm、全幅1895mm、全高1700mm、重量1740~1850kgと相変わらずの大きく思いボディーになっている。

エアロパーツ

しかし、この車の人気をうかがわせるのだろうか、アフターセールマーケットにはムラーノのためにある製品は相当数有り、“物がなくて困る”ということは全くない。
特に、どこのメーカーが良いということもないのだが、エアロキットを選ぶのならば装着したときのイメージで選ぶことになる。当然メーカーごとに、追求するイメージが違うので、各メーカーのHPなどで画像チェックをして、候補を決めてから現物チェックをする方法がベターなやり方になると思う。
できるだけ、装着をした状態をチェックすることも、併せてお奨めしたい。
もとにイメージが結構強烈なので、エアロ装着後のイメージもかなりエキセントリックになる傾向もある。まあ、エキセントリックというほど風変わりでもないかもしれないが、かなrい目立つ存在になることは間違いない。

タイヤ&ホイール

タイヤ・ホイールなのだが、やはりインチアップホイールに扁平率を表す数字が小さい、厚みの少ないタイヤをセットしてシャープさを出したいところだろう。
これをやると、かなり車の印象が変わることは面白い。
男性が、きちんとスーツ、Yシャツ・ネクタイをコーディネートしても、靴が間抜けだとさっぱり着映えがしないが、靴をきちんとコーディネートした途端に全体のイメージがよくなることに似ている。
車のオシャレも、やはり足元がポイントなようだと思う。

インテリア

インテリアになるのだが、この車、以外にカラーコーディネートができていて、ちょといじり難い感覚もある。特にシートは、かなり色にこだわった感じがする。
しかし、走りの面で考えると、やはりホールド性には問題はある。前後左右のホールド性は、見た目ほど良くはない。結構体が動きそうで、コーナリング中は変に力が入ってしまうのだ。このため、微妙なステアリング操作であるとか、スロットルコントロールなどには、あまり適した仕様ではないと思う。
そこで、リアシートの色を無視して、フロントシートをバケットタイプに交換してしまいたい。一度、このバケットタイプのお世話になると、車の性格が変わったのではないかと思うほど、コントロールが楽になる。変に身体に力が入らないので、微妙なコントロールができるので、自分のドライビングテクニックが上がったのかなと、思わずニンマリと笑が溢れるほどだ。

あとはペダルをスポーツタイプの、滑り止め効果のあるものに替えれば、実効性のあるものになるから一考して頂ければ幸いだ。
ここまで、何かの参考になればと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加