AZワゴンのドレスアップ

この記事の所要時間: 517

同じOEM供給のマツダブランドでも、AZオフローダーとの違いは、ドレスアップパーツのおおpさではないだろうか。
さすがに軽のワゴンタイプではキングの異名をとっただけの車には、ドレスアップパーツも驚くほど多くだているので、選択肢は広すぎるほど広い。
しかし、これほどあると、まさに玉石混淆と言う状態であることであるので、しっかりと情報をつかんでからではないと選ぶことが困難になってくるわけだ。
まあ、それだけこの車のアフターマーケットは大きいということになるのだろう。

スポンサーリンク

その数ある中から、どうやって“玉”を掴み、“石”を排除していくことが出来るのか、ということがひとつの命題になるわけなのだが、まずは情報を掴む事に始まる。
それと、歴史あるメーカーなりプロショップのリリースしているものには、それなりの信頼性があると考えても間違いはないだろう。何か不都合のあるものを、今までに市場に送り出していたりすれば、とっくに淘汰されているのがこの世界だから、と言う明確な理由付けもあるの訳だ。
しかし、新興メーカーやショップのなかにも、かなり良いものも存在しているので、情報と併せての判断が必要となることは仕方がない。

この車のアピアランスは、ストックの状態ではかなり低いというべき外観なのだ。しかし、どこといって破綻をしているようなモノでもないことは、さすがにこのタイプの車の中で、販売台数のトップを走るだけのことはあるとも言える。
しかし、破綻がない分前述のように個性もないわけで、これはオーナーになった場合にはなんとかしたい事案にもなるわけだ。

エアロパーツ

そこで、やはり、個性を演出すための投資が必要になってくるというものだ。
一番確実にビジュアル面を変えることが出来るのは、やはりエアロパーツだ。
コストも掛かるかもしれないが、確実にイメージを変えてくれることは間違いない。したがって、板金などの手段を使ってボディーラインを変更するなどの、“直し”の効かないやり方よりは、はるかにコストパフォーマンスとしては有効な手段だと思える。
FRPのパーツが主体になるだけに、その出来にはばらつきがあるが、歴史の長いメーカーやショップのものはやはり、その仕上がりにはそれなりの技術レベルの高さをみつことができる。
あとはイメージの問題だが、ネットで探せばフルエアロ装着車の画像は結構見られるので、候補を挙げてからショップを訪ねて、実車を見せてもらうことをお薦めしたい。

フロント、サイド、リアともに、同一メーカーなり、同一のショップが企画したもので統一をすることをお薦めしたい。
各々を別の企画でまとめることは、かなり難しいと思うからだ。それそれのメーカーなり、ショップなりが持てるノウハウをつぎ込んで企画・制作したものなのだから、ほかの企画で出来た製品との相性がピタリと重なるとは、あまり思えないからだ。
この部分を間違うと、気流の流れにも影響を与えるので要注意かもしれない。さほどシビアではないのだろうが、フロントから再度に流して、リアに抜くと言う手法はどこもそう変わったことではない。
したがって、間違えた組み合わせをすると、フロントからの気流がうまく抜けずに、エンジンルームに熱がこもってしまい、電子機器に悪影響を与えたり、悪くすればオーb-あ火^トニつながりかねないことも、視野に入れておくことが必要にもなるだろう。

スポンサーリンク

タイヤ&ホイール

こうやってエアロを取り付けたAZワゴンは、かなり今までとは違ったイメージになる。カスタマイズの項で行なった、サスキットの交換によるローダウンも、エアロを装着することによってより効果的になる訳だ。
しかし、何か物足りないことに気がつくだろう。
何か、足回りにダルなイメージが残っているのだ。
その原因は、何となく残るタイヤとフェンダーの隙間、それと、横から見た時のタイヤの厚みからくるものなのだ。
これをなんとかすることによって、さらにAZワゴンはシャープで切れ味のある姿になる。

方法は簡単で、インチアップしたホイールに、扁平率を示す数字の小さいタイヤをセットして、ホイールのオフセットを考えてフェンダーと面一になるようにすることだ。
こうすることによって、ビジュアル的に隙間が消えるために、車のデザインコンセプトがはっきりとしてくるので、かなりシャープな印象を与えてくれることになる。
機能美にあふれた、AZワゴンは、ストックの状態の時には見られなかった魅力を与えてくれ、この車を持つことの満足感を与えてくれる事になる。
エアロをフル装備して、ローダウンし、インチアップしたホイールに扁平率を表す数字の小さい、横から見た時に薄いタイヤもたらすビジュアル的効果は、想像していたよりもかなり攻撃的だが美しい姿になっていることだと思う。

ブレーキキャリパーとローター

ここまでやると、いつも思うのだがブレーキキャリパーは塗装をしたいものだ。インチアップをしたことにより、大きく開いた空間に見える無愛想なキャリパーは、ここまでやり遂げたAZワゴンに失礼かも知れない。
ブレンボなどのキャリパーに変えてあれば、それなりの塗色を施されているからそのままでも良いのだが、剥き出しの金属色のままではなんともいただけないので、ここはやはり塗装をしてしまうことをお薦めしたい。
ブレンボレッドやポルシェイエローにしてしまうこともいいかもしれないが、どうせやるならボディーカラーとのコーディネートを考えて色を付けることも面白いと思うのだが、いかがだろうか。

こうして出来上がったAZワゴンは、停車でいていても、走っていても、かなりアピアランスは高い車に変身出来ていることは言うまでもない。
しかし、インテリアなどにも工夫をこらしたくなることは事実なのだ。
このインテリアのアイテムは、相当数にのぼるため、どれを選んでいくのかは個人の好みになる。
しかし、余りにもマシーンのイメージから遠いものを付けてしまうと、鋭く機能美に溢れた外観からは想像のつかないインテリアになってしまうために、くれぐれも要注意なのだ。

うまくコーディネートをして、ひとつの機能美を演出していくべきだろう。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加