アルトラパンのドレスアップ

この記事の所要時間: 534

アウトライン

初代“アルトラパン”は、2002年1月に発売が開始された。ボディー形状は、弁当箱的でレトロな感覚があり、一見するとセミトールワゴンなのかなと思うのだが、アルトベースなので、軽のハッチバックセダンと言うジャンルに入っている。

“ゆったりとくつろげて、過ごしやすいこと”が、開発コンセプトになっていて、ウサギの入ったエンブレム、タコメーターのない車種にはアナログ時計が装着されていた。こういった一連のコーディネートが、若い女性にも人気を呼んでいた。

同時にボディーカラーも淡い色を中心に、豊富なラインナップがあって、それに合わせてインテリアもコーディネートされていたことは、ターゲット層の若い女性には余計受けは良かったという。

また、若い女性がターゲットとはいえ、エンジンはNA 54PSとインタークーラー付きターボの64Ps仕様があり、この初代モデルの途中までは、低回転域のトルク不足を補うために60PsのMターボ仕様もあった。トランスミッションは4速ATと5速MTが採用されていたことは、走りにも重点を置きたかったのかも知れない。

スポンサーリンク

その走りの評価としては、可不足のない軽自動車の評価になっていたようだった。最も、あまり切れのいいハンドリングだったら、女性にはあまりいい評価はもらえそうもない。

元号モデルは2代目にシフトしていて、2008年11月から市場を受け継いでいる。この2代目は“ワゴンR”と同じプラットフォームを採用することによって、はおいールベースを延長することに成功した。その結果、広くて開放的な室内空間を実現でき、ワンランク上の車になったように思える。

フロントグリルやリアドア、ヘッドライト、リアランプハウス、オプションのカーペットなど車内の各所にうさぎをモチーフとしたキャラクターを描いている点は、若い女性をターゲットにしている点は、初代と変わらない。

また、うさぎのキャラクターアニメーションやメッセージを表示するメーター内のマルチインフォメーションディスプレイや、インナードアハンドル部分に写真や画像を飾れるフォトフレームも付けられている。さらにオプションでラパンのロゴ入りキーケースや洗車セット、タンブラー、ポロシャツ、傘、紫外線除け手袋なども販売するなど、輸入車のようなエンターテイメント性を付加した商品訴求を行なっている。

ノーマルの外観

ラパンのサイズと重量は、全長3395mm、全幅3395mm、全高1510mm、重量790~870kgトなっている。エンジンはNA K6A型 660cc ストレート3 DOHC VVTとK6A型 660cc 直3 DOHC ICターボが用意されている。

デザイン的にはキープコンセプトで、相変わらず弁当箱的な印象を受けるが、レトロ感はかなり薄くなっていて、レトロモダーンをテーマにしたのかも知れない。

こんなラパンは、女性ユーザーからみると「カワイイ!」となるのだろう。しかし、男性の車好きユーザーからみると「もう少し迫力を出したい」、と思う素材なのかも知れない。

スポンサーリンク

エアロパーツ

イメージを変える一番の手法は、エアロパーツキットを組み込むことで、言ってみれば王道だともいえる。そこで、エアロパーツの存在を調べると、これが女性向けだと思う車なのに、結構な製品数があることが判った。決して、選択肢に困ることもないと思う。

しかし、エアロは組み込むとそのまま車のイメージになってしまうから、どんなイメージにしたいのかということを、あらかじめ決めておかなくてはいけない。そのためには、画像のテックをする必要がある。

しかも、客観的な画像が必要になるので、それを入手しなくてはいけない。一番客観的かどうかは別にして、メーカーのホームページの画像のように、販促を目的にしていない画像として、自動車雑誌の特集記事があげられる。

過去にラパンのエアロ特集や、ドレスアップ特集を掲載したバックナンバーがあれば、それを見るといいと思う。出版社のに直接問い合わせをしてみて、該当する号があればそれを有償で送ってもらうことは可能なので、一度問い合わせをしてみるといいと思う。

ショップ選び

こうしてパーツの候補が決まったら、取り扱いをしているショップを探すことになる。これはネットで充分に情報が集まるから、アクセスのいいところは充分に探せると思う。また、アクセスだけではなく、口コミの情報なども拾える。しかし、ネットの情報は全部が正確なわけではないことを、あらかじめ承知しておいた方がいいと思う。

ショップが決まったら、今度は出向いていくべきで、オーナーさんやスタッフさんたちと、きちんとしたコミニュケーションを取ってみて、長くいい関係を続けられるようだったら、いいと思う。

ショップとの関係は、期間も長く有機的になるので、ここは大切なことになる。何しろ、エアロは別にしても、改造をした部分はその瞬間からメーカー保証が効かなくなるので、頼りはショップしかなくなるから、関係はきちんと作っておくべきだ。

ショップでは、エアロパーツのクォリティーと取り付け技術のチェックは当たり前なのだが、実車チェックができるといいと思う。実車を見ると、イメージとの乖離がどれぐらいあるのか、ということをチェックできるからだ。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを決めるのだが、とくにホイールが車に与える影響は大きく、失敗すると残念な結果になりかねない。ショップのスタッフさんに、イメージを伝えておいて、候補を挙げてもらって、その中から選ぶと失敗はないと思う。

ブレーキキャリパーとローター

扁平率の大きいタイヤを、インチアップしたホールにセットして履かせ、ホイールの開口部から見えるキャリパーには赤や黄色で、カラーリングをすると全体が引きしまる。しかし、カスタマイズのときにキャリパーを交換する、あるいは交換した場合にはブランドカラーになるはずなので、必要はないと思う。あとはローターを、スリット入りなどのものに交換しておくと、迫力のある演出ができる。

シートの変更

室内に目を向けると、シートなのだが、やはり走りにこだわるのだったら、スポーツタイプのバケットシートに交換をしておくといいと思う。ファッション面と実効性の両面で満足のいくものになると思う。

最後に、しっかりとした強度を持った、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換しておくと、ちょっとイメージの違ったラパンの出来上がりになる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加