パレットのドレスアップ

この記事の所要時間: 612

軽のトールワゴンで成功を収めた、ダイハツ“タント”に対抗するべく開発をされたのが、この“パレット”というスズキの軽トールワゴンになる。

発売開始は2008年1月で、相当タントを意識して作られていることが判る。タントに匹敵する室内空間を得るために、プラットフォームまで新規開発した結果、軽としては長大な2400㎜というホイールベースを得ることに成功している。このプラットフォームはのちに、4代目ワゴンR”“2代目ラパン”“7代目アルト”にも採用されているので、スズキの軽自動車のメインプラットフォームにもなったのかもしれない。

他にも目新しい装備をして、顧客の目を引くという手法をふんだんに取り入れていることも、対タント作戦なのかもしれない。その一環としては、発売当初は設定がなかったのだが“G”“SW GS”を除く全車に、市販車世界初となる副変速機構付CVTが採用されている。これは従来のベルト式CVTに前進2段の変速機構を組み合わせ、ローギアでは発進時の加速を向上させ、ハイギアでは燃費の向上を実現している。なおこのトランスミッションは、日産自動車とジヤトコの共同開発によるものだ。

他にも全車に電動格納式ドアミラー、ABS(EBDつき)、シートリフター&チルトステアリング&シートベルトアンカーアジャスター、自発光式メーター、バニティーミラーが標準装備となっている。

安全面では廉価グレード“G”を除く全車に対して、サイドエアバッグが標準装備されている。最上級グレードの“TS”には軽自動車では初となるサイドカーテンエアバッグの装備もある。ほかにも“T”“TS”には両側に、“X”“XS”には助手席側に電動スライドドアが採用されている。このスライドドアは、ボンネット型の軽自動車としては、初の装備だと言われている。

また派生車種としては、エアロバンパーやスケルトン構造のグリルによる、個性のあるフロント周りや、スモークタイプのリアコンビネーションランプ、専用デザインのアルミホイールなどを採用した“パレットSW”がある。いわゆる“スポーティーバージョン”という感じの仕上がりになっている。若者には、そのまま手を入れないで、格好よく乗れるからいいのかもしれない。

スポンサーリンク

パレットの概要

このパレットのサイズと重量は、全長3395mm、全幅1475mm、全高1735mm、重量900~990kgという数値になっている。何とか1tを超えないですんでいるから、まあまあというところなのかもしれない。

サスペンションはフロントがストラットで、リアはI.T.Lが採用されている。なおフロントサスペンションには全車に、スタビライザーが組み合わせてある。何となく走りを強調したセッティングに思える。

エンジンはK6A型 658cc ストレート3 DOHC VVT6A型のNAとインタークーラーターボ付きの2タイプで、これを受ける駆動方式は、FF/4WDとなっている。トランスミッションは4速ATと、前述のように前進2段変速機構付きCVTが搭載されている。

デザイン的にはボンネット型とはいうものの、何となく1.5ボックス的な外見をしていて、フォルムだけを見ているとあまり格好いいとは思えない。これはパレットだけではなく、最近の軽にはよく見られるデザイン処理だと思う。もうちょっと、何とかなら何のかなと思える部分ではある。

しかし、フロント周りの処理などは上手くできているので、ディティール勝負には勝ったともいえるのだろうか。

エアロパーツ

このパレットのイメージを変えるためには、王道であるエアロパーツキットのお世話になる必要があり、どんなパーツがあるのだろうかと思い、調べてみた。結果、そこそこの製品数がそろっていて、選択肢に不自由をすることはないと思う。

ただこの手の車は、ちょっと間違うと族車的になり易いから、よほどイメージをしっかり決めてから、パーツの取り付けをしたほうがいいと思う。

それにはまず画像をチェックすることから始めるのだが、一番手っ取り早く画像を入手できるのは、メーカーのホームページを開いて、そこにある画像をチェックすることだろうと思う。

しかしこれらの画像の役割は、ほぼ間違いなく販売促進なので、客観性には欠けるきらいがあるようだ。なぜならば、ほとんど日頃はこんな角度から車を見ないし、見せることもないというようなアングルから撮ったものもあるからだ。これがまた、かなり格好よく見えるので、いいなと思ってしまうのだ。したがって、実際とイメージには乖離があると思っておいた方が良い。

そこで、自動車雑誌のバックナンバーを調べて、パレットのドレスアップ特集や、エアロパーツ特集を掲載した号があれば、そこに使われている画像の方が、客観性があるの。出版社に直接問い合わせて、該当する号があれば、ほとんどの場合には有償で送ってもらうことができる。一度、確認してみるといいと思う。

スポンサーリンク

ショップ選び

パーツが決まれば、次は取り扱いをしているショップを探すのだが、これはネット検索で充分だと思う。ショップで大切なことは、良好な関係を築けるかどうかということだ。

御承知のように改造をしたとたんに、その部分のメーカー保証はなくなる。また、改造部分の修理はやってくれないので、いきおいショップに頼らざるを得なくなるから、関係は有機的で期間も長くなるというわけなのだ。

ショップを決めるときは、一度出向いていって、オーナーさんやスタッフさんたちと、コミュニケーションをとってみることを、ぜひお勧めしたい。そして、パーツのクォリティーチェックと、取り付け技術、実車のチェックをしておくべきだと思う。特に、実車をチェックすると、イメージとのかい離がどの程度だったのかということを、確実にチェックできるからだ。もしできなければ、過去の施工車両の写真がある場合が多いので、それをチェックさせてもらうと、かなり理解できると思う。

タイヤ&ホイール

次はタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車に与えるイメージ的な影響は大きく、失敗すると残念なイメージになってしまうから、こんな感じにしたいというイメージを伝えて、候補を挙げてもらって、その中から選べば失敗はしないと思う。インチアップホイールに、扁平率の大きいタイヤを履かせて、キリッとしまった、シャープなイメージを出したいと思う。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から見えるキャリパーだが、赤や黄色、グリーンなどでカラーリングをしたいところだ。ただしカスタマイズでキャりパーを交換してあれば、ブランドカラーになっているはずなので、その必要はないと思う。そしてローターを、スリット入りなどに交換すると、かなり迫力のある演出ができる。

バケットシートを装着

あとはこの際、シートをスポーツタイプのバケットシートに交換することをお勧めしたい。これをやっておくと、ファッション、実効性の両面で満足のいくことは確だと思う。今はシートの選択肢も多いので、予算などを伝えれば、それなりのものを候補に挙げてもらえる。

最後に、しっかりした強度を持った、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換すると、ちょっと違うイメージのパレットを作ることができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加