バモス/ホビオのドレスアップ

この記事の所要時間: 540

アウトライン

“バモスホビオ”は、名前のとおりに“遊び心”にこだわった開発コンセプトから、室内空間を大きくとるために、全高をバモスよりも105㎜高くしている。軽自動車のトールワゴン、という部類にカテゴライズされている車だ。

軽の場合、メーカー各社は判で押したように、全長全幅が変わらない。そのため、室内空間を確保しようとすると、プラットフォームからやり直して、ホイールベースを目いっぱい伸ばす、そしてあとは縦方向の数字を大きくするほかには、手立てはないので、バモスホビオもこの例にそって作られた車になる。

スポンサーリンク

バモスからの派生車種として生まれた、このバモスホビオは2003年4月から発売されている。遊び心を満足させるためには、ある程度“アウトドア”を意識しなくてはならず、室内には様々な仕掛けがある。たとえば、ユーティリティーフックというものが多数つけられている。これは、小型のオフロードバイクや、マウンテンバイクをで遊べるところまで積んでいくときには、非常に有効な装備になる。ロープでしっかり固定できるので、安心して運転に集中できるからだ。

また、多少飲み物をこぼしても安心な、撥水加工シートなども気が効いている。発売当初は、期間限定ながらまた発売当初は期間限定ではあったのだが、ワイパブルドアライニング、ワイパブルマット、フロアカーペット、リアヒーター、お散歩用トートバッグ等を装備した愛犬と愛犬家の為の仕様“トラベルドッグバージョン”という物まであった。他のメーカーには、こういった趣旨の仕様は、記憶にはない。

堂々とワン様仕様と銘打って車を作るなんて、いかにもホンダらしさを感じさせてくれると思う。しかし、残念ながらニャー様仕様はない。これは、ワン様イコールアウトドア系のペット、ニャー様イコールインドア系のペット、という位置づけから来たのかも知れない。

その後、撥水加工シートには、消臭機能もプラスされたり、ドアライニングが撥水加工になったり、ワイパブルマットがオプションで、全車種対応になったりなどなど、とにかく遊び心を満足させてくれる機能には、事欠かないようになっている。

しかし、メカニズム面に目を向けると、このバモスホビオはもしかしたらスポーツトールワゴンなのか、という一面を持っている。それは、何と床下にエンジンをつりさげた、ミッドシップレイアウトなのだ。ミツビシのiのように、リアアクスルの上にエンジンがある、というものではなく、ほんとにミッドシップになっているから驚きだ。

そのおかげで、前後重量配分は46:54(F:450kg、R:530kg)とほぼ50:50になっている。低い重心位置と、この重量配分を紙の上で見ると、走りにも期待をしてしまいそうだ。

エンジンはE07Z型:660cc ストレート3 NA 46PS、E07Z型:660cc ストレート3 NA 53PS E07Z型:660cc ストレート3ターボ 64PSなのだが、前述のようにターボは廃番になっているのが残念だ。

デザイン的には、箱の先端に小さなボンネットが付いていて、四隅にタイヤがついている感じで、なかなか愛嬌のあるデザインになっている。余計なデザイン線もあまりないが、ノッペリした感じでもない。フロントグリルとバンパーは、ホビオ専用のものなので、それなりに存在は主張できている。

スポンサーリンク

エアロパーツ

更なる主張を求めて、ドレスアップをするとなると、やはりその道の王道であるエアロパーツキットのお世話になるしかない。

そこでエアロパーツがどれぐらいあるか、ということを調べて見た。すると、思ったほどは多くなく、選択肢はたくさんあるというわけにはいかないことが判った。しかし、全くないわけでもなく、この中から選んで満足がいくのかどうかは、個人個人の好みの問題、という程度の製品数しかないことは確かなのだ。

まあ、それでも画像のチェックは必要になるので、データーを集めなくてはいけない。それには、一番簡単な方法としては、パーツメーカーのホームページを訪ねて、画像をチェックすることなのだが、こういった画像の仕事は100%販促だ。そうすると、ちょっと現実とは乖離のあるイメージが画像が多くなることは、仕方がない。

そこで、客観性のある画像を求めなければならないのだが、エアロパーツの製品数が少ないということは、それだけ雑誌などで取り上げられたケースも、同様に少ないことを意味している。

ショップ選び

こうなると、ホームページの画像を見て、ある程度の判断をする。その上で、取り扱いショップを訪ねて、そこで過去に施工をした車の写真を見せてもらうことが、一番手っ取り早いのかもしれない。

最善の方法としては、ショップにデモカーがあれば、それを見せてもらったり、ほかの顧客の施工があるときに見せてもらうといった、現車チェックができることだと思う。現車をチェックすると、現実とイメージとの乖離は、ほぼ100%に近い数値でなくすことができる。

がっかりすることもあれが、以外にいいと思うこともあるので、機会があったらやってみてはいかがだろうか。もちろん、写真を見せてくれないような、ショップはないと思うので、これのチェックはできると思う。もし、これをさせてくれないようなショップであれば、付き合っていく意味はなにもないっことになる。

ショップとの付き合いは、有機的で期間も長い。コミニュケーションを、まともにとれないようなショップであれば、これから先が思いやられるので、つきあわない方がいいと思う。

タイヤ&ホイール

こうして、パーツが決まったら、今度はタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールのイメージが車全体に与える割合は大きく、失敗するとかなり残念な結果になるので、ショップの方にイメージを伝えて候補を挙げてもらい、その中から選ぶと失敗は少ないと思う。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から見えるキャリパーなのだが、赤や黄色などでカラーリングをしたい。しかし、カスタマイズのときに交換をしてあれば、ブランドカラーになっているので、その必要もないと思う。あとはローターをスリット入りなどに替えておくと、かなり迫力のある演出ができる。

室内を見ると、結構チープなシートが目に入る。これを、スポーツタイプのバケットシートに交換すると、ファッション性と実効性の両面で満足できる。この頃は、選択肢も増えたので、ショップで相談してみるといいと思う。

あとは、しっかりとした強度のある、滑り止め機能のついたペダルに交換しておくと、ちょっと違ったバモスホビオの出来上がりになる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加