スプラッシュのドレスアップ

この記事の所要時間: 433

アウトライン

スズキ“スプラッシュ”は、2008年10月に国内販売を開始している。ベースは2代目“スイフト”で、プラットフォームを共用している。しかし、サイズは車高を除いて一回り小さくなっている。ホイールベースも30mm短くなっている。車高が高く短い全長は、空力面では不利なのだろうが、ルーフの後端を下げたり、後輪にストレーキを装備することで、ベースのスイフトと同じCD値を確保していることは、スズキの技術の高さを表しているのだろう。

スポンサーリンク

スプラッシュは、低価格ながら欧州基準の装備がそのまま日本国内向けにも適用されていて、安全性を売りにする欧州メーカーのコンパクトカーにも見劣りしない。また、あくまで実用車としての車作りに徹しているとはいえ、ラゲッジアンダーボックスにラゲッジシェルフを格納でき、シフトレバーの邪魔にならないようにインパネのカップホルダーがせり出してくるなど、細かな部分で日本車的な気配りも取り入れられているなどの特徴がある。

2012年4月にはいったん在庫販売を終了したのだが、5月に再度日本市場専用仕様になって、発売を開始したという背景がある。日本仕様は吸排気VVT搭載仕様1.2リッターエンジンになった。トランスミッションは、CVTでジヤトコ製の副変速機構付CVTに変更されて燃費が向上されたため、平成22年度燃費基準+25%を達成することができた。これらのエンジンとCVTは、日本からハンガリーへ輸出され、現地で組み付けられている。

また日本国内専用装備として、フロントのプッシュカップホルダーとセキュリティーアラーム、リヤパワーウインドーが標準装備されている。しかし、その一方でリヤフォグランプが省略されている。

面白いのは日本仕様の右ハンドル車でも、左ハンドル車と同じATセレクトレバーを使用している事から、大半の国産車とは逆の右方向セレクトとなることだ。ベンツやBMWの右ハンドル車と、このあたりは同じなので面白いと感じるのかも知れない。

ノーマルの外観

2004年から立ち上がった開発プロジェクトはオペルと共同だったようだが、基本デザインはスズキ主導で行われたという。短いオーバーハング、横だけでなく後ろにも張り出したフェンダーなどが若々しく、“走り”を感じさせてくれる。

“く”の字型になったリアコンビランプとくびれたリアハッチゲートはシトロエンC4クーペなどでちょっとでジャブーな感じもあるのだが、定番的なスイフトに対するもう一つの選択肢としての魅力は充分にあるデザイン性だ。

185/60R15のタイヤサイズは、スイフトの主力グレードと同じなのだが、欧州車流にフェンダーとほぼ“ツライチ”になっていることは、ルックスに大きく影響している。カタログ値で見る限り、全幅はスイフトの-10mmだが、トレッド値は+10mmある。つまり合わせて20mm分、片側なら10mm分、タイヤが外に出ているわけだ。若干キャンバー角もネガティブに見える。

最低地上高もスイフトと同じ145mmなのだが、フロントバンパーのアゴ部分は欧州車風に低いように思えた。斜面やクルマ止めなどに無意識に突っ込むと、黒い樹脂製スポイラーが接触しそうになるほど低い。

スポンサーリンク

エアロキット

一見派手さはないのだが、ヨーロッパテイストのあるエクステリアは、エアロパーツキットによってかなり感じが変わる。もっと締まった感じと言うのか、シャープな感じすることは充分可能だ。

しかし、市場ではマイナーともいうべきこの車に、エアロパーツキットが用意できるのかと思って調べてみると、そんなに多くはないが、イメージのいいものもあるので、取り付けてみるといいと思う。ショップのオーナーさんやスタッフさんたちと、うまくコミニュケーションを取って、イメージにあるものを選ぶといいと思う。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを選ぶのだが、ホイールが車全体に与える影響は大きく、失敗すると残念な結果になってしまうこともあるので、要注意だろう。この車のばあい、ホイールの選び方は、割合にボディーカラーに影響されそうなので、画像チェックをしてから、イメージを決めるといいかも知れない。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から見えるキャリパーには、黄色や赤などでカラーリング施したい。しかしカスタマイズのときに、キャりパーを交換してあれば、ブランドカラーになってるはずなので、必要はないかも知れない。あとはローターを、スリット入りなどに交換しておくと、迫力のある演出ができる。

シートの変更

シートなのだが、オリジナルのホールド性を評価するテスターもいたが、やはりファッション的にも、実効性の面でも、バケットシートに交換しておくといい。特にスプラッシュのように、走る車のシートはかなり重要で、ドライバーに伝える情報がしっかりしていて、その上でのホールド性が求められるので、交換はお勧めトいうことなのだ。シートを交換してマイナスになる点は、仮眠をとるときの寝心地が少し悪くなる程度で、ほかには何もマイナス点はない。今の時代は選択肢も多いので、ぜひ一考してみてはいかがだろう。

あとは、しっかりした強度を持った、滑り止め機能のあるスポーツペダルに交換しておくと、かなり訴求力のあるスプラッシュができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加