セレナのドレスアップ

この記事の所要時間: 543

“ニッサン・セレナ”は1991年6月に市場に投入された車で、当初はC22型の“バネットコーチ”のフルモデルチェンジ版として、“バネットセレナ”という呼称で販売をされていた。

タイプとしてはミニバンにカテゴライズをされる車で、セミキャブオーバーとでもいうようなスタイリングで、現代の評価としてはお世辞も格好いいとは言えないものだった。

この初代のセレナは、ミニバンに走りの楽しさを与えるべく、様々な工夫があった。その一例として、FXグレード以上のリアサスペンションは、ガラス繊維強化プラスチック製の横置き単板リーフスプリングを使ったマルチリンクサスペンションを採用していた。

スポンサーリンク

このガラス繊維強化プラスチック製のリーフスプリングは、大昔にトヨタがファクトリー仕様のレーシングマシーンに使ったことがある、という記憶があるのだが、市販車にはたぶん使われていなかったように思う。そのうち一度、調べてみることにしようと思うのだが、面白いものだと思う。

そのレーシングマシーを見た当時のファクトリードライバー“K・M”氏が、“え!ほんとにこの車で俺が走るの?”と青ざめたという、面白い逸話を聞いたことがあるので、調べる価値はありそうだと思った。

この当時には面白い話がたくさんあって、もとファクトリーチームのレーシングメカニックだった人から、逸話を沢山聞いた中の一つがこの話で、ほかにも当時の“セリカ”をマシーンにするために軽量化の一環として、酸に漬けてペラペラにしてしまうという話は、ものすごく怖かったりもした。

酸に漬けてペラペラにした後で、フロアーに補強材を入れたり、スポットの増し打ちをしたりして、剛性はノーマルの状態よりもはるかに高くなっていたとも言うが、絶対に乗りたくないと思ったものだった。

閑話休題で話を戻すと、これはロードホールディングと、ハンドリングにかなり神経を使ったことの証で、当時のライバルであるトヨタの“エスティマ”とともに、ミニバンの走りを変える先駆者になっていたのだろう。

1994年5月のマイナーチェンジがあり、商用バンのイメージが強かったかつてのミニバンの印象を変えるべく、正式車名を“ニッサン・セレナ”に変更されて、リアウインドウガラスから“VANETTE”のステッカーが無くなった。

現行モデルの特徴

そして現行モデルは4代目となり、2010年11月に市場を受け注いでいる。この4代目は5ナンバークラス最大級のフロントウインドシールドを採用し、視界と開放感を確保と被視認性も合わせ持った車になっている。

外寸と重量は、全長4685~4770mm、全幅1695~1735mm、全高1865~1875mm、重量1600~1720kg となっている。サイズが微妙に違うのは、“ハイウエイスター”仕様についているエアロパーツが数値を変えているのだ。また重量の違いは、FF/4WDの差異があるので、この数値になっているようだ。

デザイン的には3代目からのキープコンセプトになっていて、シュープラインと呼ばれる階段状のショルダーラインや三角窓、パノラミックウィンドウなどといったデザインを継承し、全体的になめらかな流れを意識したスタイルに仕上がっている。

初代から比べてみると、こんなにもデザイン性豊かになれるものなのだろうかと、思わず考えてしまうほど、スタイリッシュに変貌を遂げている。

スポンサーリンク

エアロパーツ

こんな車をさらに変化させることには、イメージチェンジの王道であるエアロパーツキットのお世話になるしかなく、さっそくパーツを調べてみると、かなり数があって、選択肢に不自由はなさそうだ。

どんなイメージにするのかということを決めるために、画像をチェックする必要があるのだが、一番手っ取り早いのはネットでパーツメーカーのホームページを訪ねることだ。

しかし、この手の画像は若干客観性に欠けることも事実だ。なぜならば、販売促進が大きな役割なので、日頃はこんなアングルから車を見ないし、見せることもないというようなショットも結構ある。それがまた、かなり迫力のありショットなので、思わず“おお~、いいね”という感じになってしまう。それなので、実車とはイメージ的に乖離があることを、はじめから承知してみなければいけないことになる。

もっと客観性がある画像はと言えば、自動車雑誌の特集記事などで、セレナのエアロパーツやドレスアップが掲載された号があれば、その記事に使われた写真には、ホームページの写真よりも客観性はあると思える。

直接出版社に問い合わせて、該当する号があれば有償で送ってもらえるケースがほとんどなので、一度確認をしてみることをお勧めしたい。

ショップ選び

こうしてパーツが決まれば、次は取扱ショップを決めるのだが、こちらはネット検索で充分だと思う。ショップの候補が決まれば、一度出向いて行って、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取り、良好な関係を作れそうな所を選ぶといい。

ショップとの付き合いは、有機的になり、なおかつ期間もそれなりに長くなるので、関係作りは重要になると思った方がいい。

ショップではパーツ自体のクォリティーチェックと、取り付けの技術、あと実車のチェックをすることをお勧めしたい。実車をチェックすることによって、画像とのイメージの乖離を知ることができるので、重要項目になる。もしできない場合は、過去の施工車の写真があるはずなので、それを見せてもらえばかなりイメージ的には固まると思う。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールなのだが、ホールが車に与える影響は大きく、失敗するとかなり残念な結果になるから、イメージや予讃をスタッフさんに伝えて、いくつか候補を挙げてもらってその中から選べばいいかも知れない。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から見えるキャリパーには、赤や黄色などでカラーリングをしてみたいのだが、カスタマイズのときに交換してあれば、ブランドカラーになっているはずなので、必要はないかもしれない。あとはローターをスリット入りなどの製品に交換すると、なかなか迫力のある演出ができる。

インテリア

室内に目を向けると、シートに目がいく。これをスポーツタイプのバケットシートに交換することを、ぜひお勧めしたい。今は、かなり選択肢も増えているので、予算的なこともクリアーしやすくなっているので、スタッフさんに相談をしてみるといいと思う。

あとはしっかりとした強度をもつ、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換しておくと、結構イメージは変わる。

これで、ちょっと一癖ありそうな車にすることができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加