フーガのドレスアップ

この記事の所要時間: 558

“セド・グロ”の直接的な後継車種として、2004年10月に初代“フーガ”は発売を開始された。セド・グロの後継車種ということからなのか、形式名にはYが使われている。

“ニッサン・セドリック”は旧プリンス自動車の“グロリア”と、トヨタ自走車の“クラウン”の間で市場を争ってきた。のちにプリンス自動車を合併吸収して、セド・グロ連合を展開したのだが、とうとう一矢報いることはかなわなかったのだ。

そのためにセド・グロの名前をあえて捨てて、フーガという新しいブランドを展開することになったという。フーガは日本語の“風雅”から来ていると言われていて、そのとおりに高尚で雅な趣のある車になるようにと、願いが込められているという。

スポンサーリンク

セド・グロが果たせなかった打倒クラウンを目指して、フーガはスタートからかなり飛ばしたという感じがする。エンジンだけを見ても、V6 2.5L VQ25DEおよび同3.5L VQ35DE型を初期モデルで採用していた。のちに、2005年8月よりV8 4.5Lエンジンを搭載するモデルも追加するなど、かなり打倒クラウンを意識したラインナップを展開することのなった。

そして車種構成もかなり豪華で、3.5Lはフルタイム4WDの設定もあり、全てマニュアルモード付5速オートマと組み合わされていた。バリエーションは、スポーティな“GTシリーズ”とラグジュアリーさを加えた“XVシリーズ”。GTシリーズは“450GT”・“350GT”・“250GT”・XVシリーズには、“350XV”と“250XV”を設定したいた。また“450GT”と“350GT”には、専用サスペンションに245ワイドタイヤに19インチアルミ、アルミペダル、リヤアクティブステアを装備する「スポーツパッケージ」などの設定もあった。

このような高級サルーンカーに“GT”シリーズをラインナップするというところに、クラウンとは違う路線を行くという、はっきりしたニッサンの決意が見て取れるのかもしれない。世界的に見ても珍しいことなのかもしれない。たぶんストックの状態で、高級サルーンカーにGTの名を付けた車は、例を見ないのではないだろうか。

MBのAMGやBMWのアルピナなどのように、別ブランドでGTを凌駕するような高級サルーンはあるが、いわゆる“吊るし”の状態で、メーカーが出してくるケースは、このクラスではないと思う。

そして現行モデルは2代目となっている。

スポンサーリンク

現行モデルの特徴

2011年11月から発売が開始された2代目は、概ねキープコンセプトという感じのデザイン処理がされていて、重量感のある仕上がりになっている。

クラウンが重量感、重厚感がある中にも、ある意味では軽快なイメージを出しているのだが、フーガはかなり重量感のある処理をしていることが面白い。あくまでも、クラウンに対抗すると言うのではなく、独自の路線を貫くと言うことなのだろうか。

そしてフーガのコンセプトは、“走・美・快”だと言う。実際に高級サルーンとしては、極めなくてはならないことなのだが、はたしてどこまで迫れているのかなと、ふっと、思ってしまう。

クラウンに比べて曲線を多用している部分が、重量感につながっているのかもしれない。フーガは、それほど丸味を帯びているのだが、ある意味では、それをあまり感じさせない部分もある。どちらかというと、クラウンのデザイン処理の方が、イメージ的には一の心に入り込んでくる部分はあるのかもしれない。

もう少しだけ、シャープなイメージがあってもいいのかもしれないと思う。

エアロパーツ

そこで、イメージチェンジの王道はやはり“エアロパーツキット”なので、どんなパーツがあるのかなと思い、調べてみた。そうすると、このような高級サルーンなのだがかなり製品のラインナップがあることが判った。

少なくても、選択肢が少なくて困ると言うことにはならなそうな、そのぐらいの数はあるのだ。エアロパーツの例にもれず、メーカーの数だけイメージもあるので、自分の車をどんなイメージにするのかということが、大切になってくる。

そこでイメージを決めるために、画像のチェックをする必要がある。データーの入手として一番簡単なのは、ネットでメーカーのホームページを検索することなのだが、こういった画像の役割はほぼ100%販促なので、ベストアングルからのショットが多い。そのために、実車とのイメージの乖離はあると思っていた方がいいだろう。

つまり、客観性に少々欠けるきらいある、ということなのだ。そこで、雑誌のバックナンバーの写真を使ってみていはどうだろうか。フーガのドレスアップ特集記事などが掲載された号があるかどうかを、雑誌車に直接問い合わせて確認してい見るといいと思う。ほとんの場合、あれば有償で送ってもらえるので、一度確認してみるといいと思う。

ショップ選び

こうしてパーツが決まれば、次は取扱ショップを決めるのだが、これはネット検索でじゅうぶんだと思う。ショップが決まれば、直接で見いてみて、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取ることを、是非やっていただきたいと思う。

ショップとの付き合いは有機的で、期間も長くなるのでこれは重要なことになる。良好な関係を築けるようだったら、そのショップに決めてもいいと思う。

ショップでは、パーツのクォリティー自体の確認と、取り付け技術、そして実車のチェックをやっておくといいと思う。特に、実車チェックはイメージとの乖離がどの程度なのか、ということを知るためには重要だと思うので、ぜひやりたい。無理であれば、施工車輌の写真があるはずなので、それをチェックさせてもらうといいと思う。

タイヤ&ホイール

次はタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車のイメージに与える影響は大きい。失敗すると、残念な結果になりかねないので、予算などをスタッフさんに伝えて、候補を挙げてもらってその中から選ぶといいと思う。

ホイールの開口部から覗くキャリパーには、赤や黄色などでカラーリングをしてみるといいのだが、カスタマイズのときに交換してあればブランドカラーになっているので、その必要もないかもしれない。

シートの変更

最後に室内に目を移すと、シートなのだが、結構いいシートがついている。しかし、ここは実効性も兼ねて、スポーツタイプのバケットシートに交換することをお勧めしたい。車格に合わせてレカロをつけたいところだ。

オリジナルのシートを保管しておけば、車を買い替えるときに元に戻してレカロを新しい車に使える。シートレールの問題などもあるが、金額的にはそんなに大きいものではないので、やってみてはいかがだろう。

最後に、しっかりした強度を持った、滑り止め機能が付いたスポーツペダルに交換したい。これで、かなりイメージは変わる。オヤジ車的なイメージは、かなり変えることができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加