プレオのドレスアップ

この記事の所要時間: 545

“プレオ”は事実上“ヴィヴォ”の後継車種として、1998年10月に発売が開始された、富士重工の軽自動車だ。ジャンルとしてはセミトールワゴンというように言われる場合もあるが、それは正確な分け方ではないようだ。全高は一般的な軽トールワゴンより低めの1575mm、ルーフレール装着車は1625mmとなっているために、セミトールワゴン、と言われたのだろうが、やはり機械式の立体駐車場にははいらない。

正確な意味でセミトールワゴンという仕様になったのは、2001年のマイナーチェンジで、全高1550mmの“スマートルーフ”仕様が追加されてからになる。

また、このプレオの開発きっかけは、他のメーカーと同じように“ワゴンR”の成功を黙って見ていることはない、ということだったらしい。しかし、企業規模の小ささから他社のようにトール / セミトールを造り分けて車種を増やす余裕はなかったようだ。このことが、プレオの全高を決めたともいわれているようだ。

スポンサーリンク

プレオが次第に、ステラに取って代わっていた背景には、メーカー自身がプレオの陳腐化を挙げているが、、フロントマスクを往年の名車“スバル・360”を思わせるような“ニコット”や、ヨーロピアンクラシカル調をイメージした“ネスタ”などの存在もあったのかもしれない。本来のプレオの姿から外れていくことが、陳腐化をしていくと判断をしたのかもしれない。

しかし、何となく面白い存在ではあったのだが、なくなってしまったことは、少々残念ではあった。その結果、4ナンバーとベーシックモデルを残して、ステラに吸収されていくことになったということらしい。

こういった外観のことは別にして、走りには少々子だりがあったようで、エンジンは何と4機種も用意されていて、SOHC NAエンジン、リッターカー並の動力性能を有するSOHCマイルドチャージエンジン、高性能なSOHCスーパーチャージャーエンジン、より高性能なDOHCスーパーチャージャーエンジンが設定されていた。

しかし、たくさんの選択肢があればいいというものではなかったようで、このエンジンに4WDとCVTを組み合わせて、と思ってもそのモデルがなかったり、とにかく選ぶときには煩雑さがついて回ったという。いっそのこと、NAとSOHCのスーパーチャージャーを止めてしまえば、もうちょっとスッキリしただろうし、高性能な軽のボンネットワゴンという評価もあったのかも知れない。

そんな中でも、CVTに擬似的なマニュアルモードである、7速スポーツシフトを採用して、走りを強調したことがあげられる。2013年現在では、iCVTが一般的になっているのだが、当時としてはiCVTではなくこの7速仕様を展開したことは、かなり画期的だっと言えるのだろう。

また、この当時軽のバンにCVTを搭載していたのは、スバルだけだったという。レックスコンビ、レックスバン、ヴィヴィオに次いで4車種目の採用となっていたようだ。

そして言うまでもなくこのプレオにも、スバル伝統の高剛性ボディーは当然の如く採用されていたし、4輪独立サスペンションや、FFベースの4WDの駆動方式も当たり前のように採用されていた。結構贅沢な車だったともいえるのだろう。

現行モデルの特徴

そして2009年には現行モデルのOEM仕様が、市場を継承している。ミラベースに変わったことでプレオカスタムの1540mmを除くと全高が1,530mm、とさらに低くなり、ほとんどの立体駐車場に収まるサイズとなった。

デザイン的にも、先代よりももう少し一般受けしそうな外見になり、何となく親しみやすいという感じになったことは事実なのだろうと思う。

しかし、いわゆる“薄い顔”というわけでもなく、それなりに存在感を持っていることが面白い。そんなプレオを、もうちょっと濃いめのイメージにまとめるためには、やはりエアロパーツキットのお世話にならざるをえない。

スポンサーリンク

エアロキット

そこでエアロパーツがどれぐらいあるのか、ということを調べてみると、選択肢には困らない程度にはあることが判った。

そこでどんなイメージにするのか、ということを決めるなくてはならないことになる。そのためには、画像のチェックをしなくてはいけないのだが、エアロパーツメーカーのホームページに載っている画像は、販促目的なので、やや客観性に欠けるきらいがあるので、はじめから現実とイメージの間にはある程度の乖離があると思っていた方がいい。

手に入れることのできる客観性のある画像は、自動車雑誌で過去に取り上げられたエアロパーツ特集や、ドレスアップ特集でプレオを特集したことがあれば、そこに乗っている画像が適切だと思う。

一度、出版社に問い合わせてみるといいかも知れない。

ショップ選び

こうしてパーツが決まったら、今度は取扱をしているショップを決めるのだが、これはネット検索で充分だと思う。そしてショップの候補が決まったら、一度出向いて行って、オーナーさんやスタッフさんたちと、コミニュケーションを取って見ていただきたい。ショップとの付き合いは、有機的で期間も長くなるので、これは重要なことになるから、やってみていただきたいことだ。

ショップでは、パーツのクオリティーと取り付けの技術、さらに現車チェックをしてみるべきだと思う。特に現車チェックは、現実とイメージの乖離を知ることができるので、重要になる。もし無理だったら、過去の施工車の写真があるはずなので、それを見せてもらうことで、いくらかはこの乖離を少なくすることはできる。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車に与えるイメージはかなり大きく、失敗してしまうと全体が残念な結果になりかねないので、スタッフさんにイメージを伝えて候補を挙げてもらうといいかも知れない。特に、メッキホイールはデザイン次第では、何となくイメージを落としかねないので要注意だろう。

ホイールの開口部から見えるキャリパーなのだが、赤や黄色にカラーリングをしておきたいところなのだが、カスタマイズのときに交換をしてあれば、ブランドカラーになっているはずなので、必要はないかも知れない。

シートの変更

あとは室内に目を転じると、やはりシートが目につく。これを、スポーツタイプのバケットシートに交換しておけば、ファッション性と実効性の両面を満足させることができる。最近では、シートの選択肢も増えて、自由度は高くなっているので、スタッフさんに相談して、候補を挙げてもらうことも必要かも知れない。

最後に、しっかりとした強度を持ち、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換しておくと、かなり違ったイメージのプレオを作ることが出来たと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加