パッソのドレスアップ

この記事の所要時間: 512

“パッソ”は事実上“デュエット”の後継車種として、2004年6月から発売をされている車だ。ジャンル上はハッチバックタイプの小型乗用車ということになる。

この車には面白い経緯があって、企画がトヨタで開発と生産がダイハツ工業が担当したという、あまり他社ではないような形態で、製品化されたという。

このため“ダイハツ・ブーン”とは姉妹車種になるのだが、OEM関係は一切ないというのだ。

女性が直接的なターゲットになるのかは別にして、ダッシュボードやドアポケットの小物入れには、女性をかなり意識したレイアウトがとられていたようだ。

発売初月度から受注数25000台を達成したように、この初代パッソはかなり人気度は高かったようだ。

スポンサーリンク

現行モデルは2代目となっていて、好調な初代から2010年2月に市場を受け継いでいる。コンセプトは明らかに“キープコンセプト”で、遠くから見たり、シルエットだけをみて、初代との違いを即座に見分けることは難しい。

使っているプラットフォームも同じならば、サイズ的にも大きくなっていないので、そうなるのは当然なのかもしれない。

また、ダイハツブーンとはこの2代目になってからも、姉妹車種であることにかわりはない。さらに、この2代目の開発にあたっては、女性スタッフがある意味で中心的な役割をしたということもあって、車を女性の目線からみて企画されたと、メーカーでは言っているようだ。

この2代目パッソの外寸と重量は、全長3,640~3,650mm、全幅1,665mm、全高1,535mm、重量910-970kgとなっている。

デザイン的には特に特徴はないが、初代からややオーバーフェンダー的なホイールアーチが目立つことは、この2代目になっても変わりはない。

このオーバーフェンダーのせいなのか、ややローアングルからみると、ちょっと迫力のある姿をしているように思える。これが女性好みなのかどうかと言われると、ちょっと悩む部分かも知れない。

また、ちょっとローダウンさせると、ホイールアーチとタイヤの位置関係から、結構さまになる感じが掴める。

こういったあまり特徴が少ない車は、ドレスアップでかなりイメージを変えることができるので、やりがいがあると言える。

エアロパーツ

イメージチェンジの王道である“エアロキット”がどれぐらいあるのか、と思って調べてみると、そう多くはないのだが、選択肢に困るぐらい少ないわけでもないことが判った。

フロントもリアも比較的、オーバーハングの少ないこの2代目に、はたしてどのようなイメージを与えると、いわゆる格好よくなるのかということを、自分の好みで決めておかなくては製品を選べないことになる。

この車は、ヴィッツよりもシャープさがない分、癖もないので比較的にどんなデザインのパーツをつけても、それなりに染まってくれるから、本当に自分の好みを最優先できることがやり易い。

イメージを決めるためには、画像のチェックが必要になるのだが、資料として有効に機能してくれるのは、自動車雑誌のバックナンバーがいいと思う。

パッソの特集記事、中でもエアロパーツや、ドレスアップを特集した記事を掲載している号を、直接出版社に問い合わせをして、確認をしてみるといいと思う。

あればもちろん有償にはなるのだが、送ってくれるから、一度確認の問い合わせをしてみることをお勧めする。

ネットでメーカーのホームページを検索するという方法もあるが、こちらの画像はほぼ100%、販促のための画像になるので“ベストアングル”が多。このため、普通、このアングルから車を見ることもなければ、見せることもないような迫力のあるローアングルショットなども含まれているので、実車とのイメージの乖離は避けられないと思うった方が良い。

スポンサーリンク

ショップ選び

こうして製品の候補が決まれば、取り扱いショップを探すのだが、こちらはネット検索で充分ことが足りる。

ショップも決まったら、一度出向いてスタッフさんたちとコミニュケーションをとることをお勧めしたいと思う。良好な関係を作れるようだったら、一応のところとしては、OKだと思う。

ショップとは、製品の売り買いやパーツの取り付け等だけではなく、かなり深いところでつながっておけば、心強い相談相手として機能してくれるから、ぜひやっておいていただきたいと思う。

それと、ショップでは3つのことをチェックしておくべきで、ひとつはパーツ自体のクォリティーチェックで、もうひとつは取り付けの技術、最後が一番肝心な実車チェックになる。

この実車チェックをして、始めてイメージとの乖離のあるなしが判るので、何らかの手段でぜひやっておくべきだと思う。

タイヤ&ホイール

次に、タイヤとホイールを決めるのだが、インチアップホイールに扁平率を示す数字の値が小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。ホイールが全体に与えるイメージはかなり大きいので、デザイン選びは慎重にするべきだ。

スタッフさんにイメージと予算を伝えれば、それなりの候補を選んでくれるから、これも相談してみるといいと思う。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から見えるキャリパーだが、黄色や赤にカラーリングをしてみるといいのだが、カスタマイズによって既にブランドカラーになっている場合、その必要はないかもしれない。あとはローターを、スリット入りなどに交換しておくと、迫力のあるイメージを演出できることになる。

バケットシートを装着

室内では、ファッション性と実効性を求めて、シートをスポーツタイプのバケットシートに交換することをお勧めしたい。

ちょっと前まではシートは限られたメーカーしかなかったのだが、いまではその選択肢も大きく増えたので、スタッフさんに予算を言って、候補を選んでもらえば失敗のない選択ができるとおもう。

最後にしっかりとした強度のある素材で作られた、滑り止め機能のついたスポーツペダルに交換して、イメージチェンジを終わらせたい。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加