FJクルーザーのカスタム

この記事の所要時間: 54

アウトライン

この車は2006年に北米市場専用として、市場に投入された。製造は日野自動車羽村工場が行っていて、いわゆるメイドインジャパンと言うひとつのブランドを持っている。
しかしながら、その特徴あるデザイン性から、日本国内にもファンは多くいて、逆輸入なども行われていたぐらいなので、トヨタもこれに応えるために2010年の12月から国内向けの販売を開始したのだった。

トヨタは子のSUVを、当初はハイラックスを製造していた組立ラインを使い、収益性の高い車をと考えていたのだが、”ミッド ミレン”の手によるレトロクルザーが話題になり、このFJクルザーが誕生したと言う秘話もあることが面白い。
もし、このレトロクルーザーが話題にならなかったら、このFJクルーザーは違うSUVとして世に出ていたのかと思うと、何となく面白いものだ。

スポンサーリンク

このFJクルザーの開発にあたって、一番の苦労だったというのがなんと直立気味に立ったフロントウインドーの、空力的な処理だったと言う。
確かに、この直立したフロントウインドーがなければ、FJクルザーのレトロな外見はなかったと言えるだろう。

外見通りに、FJクルーザーは本格的なSUVであって、プラドと同じラダーフレームを使って作られてる。
ホイールベースは若干短くなっているが、ドライブトレーンやサスペンションはプラドやハイラックスサーフと共通のものになっている。このあたりがいかにも、トヨタらしいといばトヨタらしいと言えるのだ。
トランスファーは北米仕様では、6速MTもあったのだが、国内使用に関しては5速ATのみとなっている。したがって駆動方式はパートタイム4WDとRRの二種類を選べることになる。

この5DRSUVの外寸は、全長4670mm、全幅1905mm、全高1840mm、重量1840~1948kgとなっていて、言ってみればヘビー級の体躯を持っていることになるのだ。
このヘビー級を支えているサスペンションは、フロントがダブルウイッシュボーンで、リアは4リンクと言う形式になっている。

エンジンはプラドやハイラックスタコマと同じ、V6 4,0リッター24V、1GRーFE型、ボア×ストロークは94,0mm×95,0mm、パワー・トルクは276hp/5600rpm・38,8kg-m/4400rpmと言う仕様になっている。今では古典的とさえ言えるこのエンジンなのだが、結構よく回ってくれるし、このヘビー級の車体を不満なく引っ張り上げてくれるのだ。欲を言えばきりがないのだが、もうちょっとと言う感じがあることはある。特に、低速域からの立ち上がりには、車体の重さを感じることは否めない。本当に、もうちょっとだけ、という感じにはなる。
しかし、これだけの車体を一気呵成に引っ張り上げることは、なかなか難しいことは承知なので、本当にもうちょっとだけという感じだ。

スポンサーリンク

走行フィーリング

実際に走らせてみても、特に大きな破綻はなく、特にエンジンは古典的なのだが、アイドリング中にはその存在を感じることが難しいところなどは、いかにもトヨタらしいと言える。
言ってみれば、武骨な外見からは考えられないほど、ジェントルなのだ。そのギャップが大きいので、結構ハッとする感じにはなるようだ。

とにかく、全域に亘ってジェントルであることは、北米の人々の心を捉えることができたのだろう。
確かに、高速の巡航や街中では、そんなに不具合を見出すことはできないのだが、ワインディングに入るとちょっとしたアンダーステア大会になってしまうことが、どうやらこの車の大きなウイークポイントなのかもしれない。しかし、この車に対して、アンダーがどうの、オーバーがどうのということを言うべき問題でもないのではないだろうか。この巨体が、思った通りにコーナリングをできなくても、誰も文句を言う人はいないのではないだろうか。
もし、それを言う人がいれば、バスやトラックがきちんとコーナリングできないと怒る人なのかもしれない。
まあ、それでもやはり、ほんの少しだけでもサスペンションを強化したほうが、全体的なスタビリティーは上がるだろうと思う。

あとはブレーキだが、この車重に対しては少し能力が足りていないようなフィールを残す。ここはひとつ、十分な能力にする必要があるだろう。

足回り強化

そこで、サスペンションとブレーキについてのカスタマイズをするために、ちょっと調べたら、結構選択肢はあることが解った。
サスペンションは、ローダウンキットもあればその逆もある。いずれも、そんなに極端に数値が代わるものではないので、自分の好きな方を選べばいいと思う。基本的には、ダンパーとスタビライザーに依存したセッティングがベターになると思う。これで、少しはアンダーが弱くなってくれればということなのだ。

ブレーキ

ブレーキは、できれば対向6ポッドの高剛性なものを入れたいし、パッドも耐フェード性の高いものにして、フルードも沸点の高いものに変えておくべきだと思う。さらに、ホースを高剛性なものにしておけば、連続した下りでの使用にも充分に耐えられる仕様になったと言える。2tの重量と、276hpのパワーを受け止めるブレーキは重要だ。これなくしては、安心は得られないものだと思う。
この重量とパワーを受け止められなければ、本当にシャレにならない。

エンジン

そして、エンジンなのだが、特にやらなくても問題はないかもしれないのだが、ここは吸・排気系を高効率化して、ロムの書き換えをやっておけば、確実に体感できるほどの違いは判る。PCで言う、空き領域を使うので、基本的な部分には手を入れないで済むことが手軽で嬉しい。
その上、低速から高速までの全域で、パワーとトルクが厚くなるので、かなり使いやすくなることは事実だ。

これで、少しは走りをできる車になったと思う。特に、ブレーキに関してはかなりいい感じになっているのではないだろうか。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加