デミオのカスタム

この記事の所要時間: 550

デミオはマツダがかつてのバブル景気時に販売多チャンネル化を図り、大失敗をして、経営難に落ちっている1996年にある意味では社運をかけて作られた車だった。その意味では、この初代に掛けるマツダの意気込みは相当なものがあったのだろうと、容易に推測ができるのだった。

しかし、それ故開発には時間をかけることができずに、既存のコンポーネントをつなぎ合わせるという、いささか安易な手法で作られた車でもあった。それでも当時のミニバンブームの中では、あまり関係のないことだったことでもあり、また他車が立体駐車場に入れることができないという、実用上の不便さがあったため、デミオはあえて全高を抑えて立体駐車場使用が可能な仕様にしたことも、成功の一因になったのかもしれない。

スポンサーリンク

他にも室内はシートをフルフラット化可能にしていたし、ライバルに比べても決して遜色のない室内スペースを確保できてもいたので、結構販売面での戦闘能力はあったのかもしれない。

その一方では、マツダ・DWプラットフォームと言う相当古い設計の車台を使っている等の面では、当時の先端を行く車達のレベルに合わせるための苦労は相当あったようだった。そのせいなのかどうかは別にして、デザイン的にはあまり褒められたようなものでもなかったと思う。それでも1997年6月には生産累計10万台を突破するなど、そこそこの人気を確保したいたことには、改めてすごいことだなと思える。

そして2002年には2代目が登場した。デザイン的にはキープコンセプトに見えるのだが、一回り大きく重くなったことは決していいことばかりではなかったようだ。

開発に当たっては“広くて使い易い実用車”という、初代からのコンセプトを引き継いだ結果、プラットフォームも一新されて、マツダ・DYプラットフォームを使っていた。これはフォード・フィエスタと同じものを使っていたのだから、やはり大きくおもくなってしまったことは仕方がないのだろう。

この2代目の駆動方式は、FFに加えて4WDもラインナップされていた。4WDのシステムはニッサンから供給を受けていたe-4WDを使用していた。先代と比べて、様々改良を加えられ、時代の流れにのった低排出ガスエンジンも搭載されたりと、この2代目はかなり忙しい車になっていたようだ。

現行モデルの特徴

様々あった2代目は、2007年に現行の3代目にその座を譲って引退をしたのだった。初代~2代目がコンセプトにしていた“汎用タイプのミニバン”と言うことを、この3代目はあっさりと脱ぎ捨てて、ヨーロッパでの販売強化を視野に入れて一般的な“コンパクトハッチバック”へと、変身を遂げたのだった。

そのため、2代目の大きさと重さは一新されて、メーカーが主張するには100kg軽量化をしたということだ。その結果この3代目の外寸は、全長3,900mm、全幅1,695mm、全高1,475mm、重量970~1,070kgと言う数値になっている。わずかに全幅が大きくなった以外、確かに2代目よりもダウンサイジングになっていることは確かだ。近年、新車発表される車達が、総じて大きく重くなる中で、このデミオは全く逆の方向性を行く車になったということなのだ。

エンジンは1.3リッターが2機種あり、そのうちの1機種は“ミラーサイクルエンジン”になっている。そして1.5リッターが1機種あって、合計3機種のエンジンが用意されていることになる。

1.5リッターエンジン搭載モデルには“SPORT”が設定されていて、専用の足周りとフロントグリル、更には控え目だがエアロパーツもついているという、何となく昔の“ホットハッチ”を連想させられる仕様になっている。この“SPORT”は、5速MTと7速スポーツモード付きのCVTが選べるが、何となく7速CVTに手が出てしまいそうだ。MTもせめて6速になっていればな~、と思ってしまう。

サスペンションレイアウトは、フロントがマクファーソンストラットで、リアはトーションビームと言う、このクラスのサスペンションとしては一般的なものを採用している。

スポンサーリンク

走行フィーリング

走りの評価は比較的高く、特にこの“SPORT”の評価は結構高い。近年のマツダ車特有の、カッチリとしたつくりと、それが生み出すロードホールディングの良さがしっかりとあらわれているようだ。高速での巡航や直進性も優れていて、レーンチェンジ後の収束もよいし、街中での乗り心地についてもむしろ他のモデルよりもいいという評価が多い。

またワインディングでの走りも、まずまずの評価だが、ボディーに補強をされている割りには、ハードブレーキング時に見られる、フロントの落ち着きのなさと言うことも一面では言われているようだ。

まずまずの評価を持った車をカスタマイズしていくことは、それなりに勇気がいるのかもしれないが、反面“もっと良くなれ”と言うこともあるので、足回りとブレーキを中心にして、カスタマイズをしていくことを考えたい。

サスペンションとボディ剛性

サスペンションキットだが、調べてみると結構なラインナップがあり、選択肢に困ることはないと思う。セッティングとしては、サーキット走行をするのでないかり、バネレートをあまり高めずにダンパーの能力と、強化スタビライザーに責任を持ってもらい、走行音が大きく侵入してくることに目をつぶれるのなら、各ブッシュを強化品に変えて、サスペンションの位置決めを強化してしまえばかなり優れたレスポンスを発揮してくれるだろう。

ボディーの強化については、サブフレームとボディーの接続を強化することのできる“リジッドカラー”を入れて、アンダーフロアーに“パワーブレーズ”を入れればかなり違った車にすることができる。これでも足りなければ、フロントに“ストラットタワーバー”を入れてやると、これはかなりガチガチのボディーにすることができる。コーナリングや、ハードブレーキング時のスタビリティーには、ちょっと感動的な違いを見ることができるようになる。

ブレーキ

キャリパーは剛性の高いもので、対向4ポッドを奢りたい。その上で耐フェード性の高いパッドを入れて、高沸点タイプのフルードに交換をして、ホースにはステンレスメッシュなどで補強をしたものを使えばかなりすごいブレーキにできる。ワインディングの連続した下りでの使用にも、まず顎を出さずに済むと思う。

エンジン

エンジンは、特別なことをしなくても、吸排気系の高効率化を図ってから、その条件したでの燃調を取り直し、さらに空き領域を使えるようにロムを書き換えると、はっきり体感できる程度のパワートルクの向上がみられる。全回転域で、パワートルクが厚みを増すので、かなり使いやすいエンジンにするkとが可能だ。

こうして出来上がったデミオは、なかなか走る車になっていることだろうと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加