ティーダラティオのドレスアップ

この記事の所要時間: 550

“ティーダラティオ”は、コンパクトカークラスで“これまでになかった上質なセダン”ということをコンセプトにして、設計・開発をされた車だ。廃番になったサニーの顧客層をカバーしていることは確かだが、実質的な後継車種ではないとニッサンでは説明をしている。

“ハッチバックモデル”であるティーダの派生車種ではあるのだが、“Bプラットフォーム”のロングホイールベース版を使ったことで、シーマよりも長大な有効室内長を持ってしまうという、けっこうなおまけもついて、居住性はかなり高い車になっていた。

スポンサーリンク

2004年に発売を開始した初代ティーダラティオは国内用として、エンジンは1.5リッターと、1.8リッターのガソリンエンジンが用意され、駆動方式はFF/4WDが選べるようになっていた。

また、日本国内の他にも、中国、台湾、タイ、オーストラリア、アメリカ向けにも生産をされていた。

インテリアは、ティーダがメタル調で、ラティオは木目調、フロントグリルもそれぞれが専用デザインなどのように、差別化をはかっていた。

デザイン的にはティーダ自体があまり格好いいとは言い切れなかったので、この初代ティーダラティオも決して格好の良い車とは言い難い姿をしていた。どことなく垢ぬけない、ちょっと田舎臭いデザインではあった。

現行モデルの特徴

現行モデルは2代目なのだが、2012年10月にフルモデルチェンジをした際に、ハッチバックモデルは同社の“ノート”と市場で競合するために廃番となった。このために“ティーダ”というブランドはなくなり、たんに“ラティオ”というネーミングになったのだった。

2代からはプラットフォームも新開発の、“ニッサンVプラットフォーム”を採用している。ちなみに、このニッサンVプラットフォームは、4代目マーチも使っている。

2代目は初代比で70kgの軽量化に成功しており、Cd値0.3という優れた空力ボディーを持っているため、燃費はJC08モード22.6km/lという、低燃費を実現している。ちなみにこの燃費数値は“平成27年度+10%”を達成している。

また2代目の外寸と重量は、全長4,425mm、全幅1,695mm、全高1,495mm、重量1,030~1,040kgとなっている。先代に比べて、全高がやや低くなったことが目を引く。

デザイン的には、一応は“キープコンセプト”の範疇に入りそうなのだが、全体的にはかなり洗練されていて、先代よりも相当見栄えのいいモデルになっている。特に全高を抑えることに成功したことは、かなり全体のイメージを変えるために貢献できているのかも知れない。

フロントグリルやヘッドライト、リアコンビネーションランプやバンパーなど、かなりデザイン的には考えられていて、それなりにいい方向でまとまっているように思える。そこへ行くと先代は、あまりいい方向にまとまっていたとはいえないのかも知れない。

しかし、ラティオを自分の手元に置いた時には、やはりイメージを変えてみたくなると思う。

スポンサーリンク

エアロキット

そこで、イメージチェンジの王道である“エアロパーツキット”に、どんなものがあるのか、タイヤホイールにどんなものがあるのか、ということを調べてみた。

結果は、かなり多いという感じではないがそこそこのラインナップがあるので、選択肢に不自由をすることはないと思う。

エアロキットを装着すると、車のイメージはほとんどエアロキットのイメージそのものになるために、その選び方は慎重になることは重要だと言える。

まず、自分の車をどんなイメージにしたいのか、ということを考えなくてはいけないので、画像チェックから始めることになるのだが、その資料の入手方法としては、一番簡単なのはネットでメーカーのホームページを検索することだ。

しかし、この手の画像の役割はほぼ100%、販売促進目的なのでベストアングルからのショットが多い。ベストアングルの中には、日頃こんな角度から車を見ないし見せることもない、というアングルの写真もあり、それがまた結構迫力のあるショットだったりもする。しかし実車とのイメージの乖離は、どうしても避けられないと思った方がいい。

だが、自走車雑誌などで過去にドレスアップ特集記事を組んだ号があれば、そこで使われているショットは、かなり現実的なアングルも乗っているので、資料としては適切だと思う。

出版社に直接問い合わせて、そんな記事を掲載した号があれば、有償だがほとんどばあい送ってもらえるから、一度問い合わせをしてみることをお勧めしたい。

ショップ選び

こうしてパーツが決まれば、取扱ショップを探すのだが、これはネット検索で充分だ。もし不安があれば、雑誌の広告覧にもたくさんのショップが広告を出しているから、情報に事欠くこともない。

メーカーに問い合わせて、自宅近隣のエリアにある優良なショップを紹介してもらう、という手もあるので、これも試してみるといいかもしれない。

ショップの候補も決まったら一度出向いて、オーナーやスタッフさんたちとコミニュケーションを取ってみることをお勧めしたい。いい関係が作れそうだったらOKだと言ってもいい。ショップとの付き合いは、有機的になり、時間的にも長くなるのでいい関係をつくっておくことをお勧めしたい。

ショップでは3つのことを確認しおきたい。ひとつはパーツのクォリティーで、もうひとつは、取り付けの技術、最後が大切で、実車チェックだ。実車をチェックすることで、あまの中にあるイメージとの乖離をチェックすることができるから、ぜひやっていただきたいことだ。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールなのだが、ホイールが車全体に与えるイメージは大きい。デザイン選びは、慎重にやりたいところなので、スタッフさんに予算とイメージを伝えて、候補を挙げてもらってその中から選ぶと、失敗はないと思う。インチアップホイールに、扁平率の高い、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。

ホイールの開口部から覗く、キャりパーに赤や黄色でカラーリングをすることもなかなか、イメージアップには貢献できる。カスタマイズで、キャりパーを交換してあればブランドカラーになっているだろうから、その場合には必要はない。あとは、ローターをスリット入りなどに交換しておくと、迫力のある演出ができる。

シートの変更

最後にシートを、スポーツタイプのバケットシートに交換すると、ファッション性と実効性の両面を満足させることができる。以前と違って、選択肢も多くなっているので、予算を伝えれば候補を挙げてくれると思う。その候補なかから選べばいいと思う。

あとは、しっかりとした強度を持つ、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換すれば、相当イメージの違うラティオができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加