ベルタのドレスアップ

この記事の所要時間: 59

“トヨタベルタ”は2005年11月から2012年6月まで製造・販売をされていた、トヨタの小型4ドアセダンだ。

“ベルタ”と言うネーミングは、イタリア語の“美しい人”と言う意味をそのまま引用したというのだが、あまり“美しい人”ではないような気がするのは、個人の好みなのだろうか。

ベルタは事実上“プラッツ”の後継車にあたり、プラッツ同様に“ヴィッツ系一族”と言える。事実このベルタのプラットフォームは、2代目ヴィッツと同じ“トヨタBプラットフォーム”を採用しているので、基本的な設計や仕様については2代目のヴィッツと同じだと言える。

ただし専用設計部分として存在する部分もあって、“ボディー形状”・“低重心スタイル”・“ロングホイールベース化”などがそれに当たるようだ。

スポンサーリンク

このロングホイールベース化と言う部分が、3デッキボディーを可能にして、大容量のトランクルームの装備を可能にしている。その結果ヴィッツ系の中では、実質的な経済性の高い“機能セダン”としての位置付けを可能にしたともいえる。

この機能セダンであるベルタの外寸は、全長4,300mm、全幅1,690mm、全高1,460mm~ 1480mm、重量990kg~1,120kgと言う数値になっている。比較的軽量ボディーだともいえるのだろう。

また見た目よりもCD値はよく、0.29を達成しているので、空力的には優れているのだろうと思う。この空力のよさは、高速をロングランしたときにかなり、燃費に跳ね返ってくるのでありがたいし、風きり音の減少にも効果を表すので、居心地のよい空間提供にも一役買っていることにもなるのだろう。

デザイン的には3デッキの4ドアセダンそのもので、目立たない印象が目立つという、変な言い回しになってしまうデザインだといえるのだろう。

ここは車好きならば何とかしたい部分でもあるとも言える。

しかし、逆に考えると特徴がないことが特徴なのであれば、イメージを変えることは比較的簡単にできることになるので、自分らしさを発揮することが簡単にできることになるとも言える。

エアロキット

そこで、イメージチェンジの王道とも言える“エアロキット”の存在を調べてみると、そう数は多くはないのだがイメージのいいものも結構あるので、選ぶ楽しさはあると思う。

このエアロキットを選ぶときには必ず画像チェックをして、自分の求めているイメージを固定しなくてはいけないのだが、そのためには資料を集めなくてはならない。

この手の画像を手っ取り早く集めるのには、ネット上から集めるのが一番早いのだが、メーカーのホームページなどの画像は100%販売促進を目的にしたものであるために、“ベストアングル”がほとんどだと思ったほうがよい。

ベストアングルとは、一番格好良く見えるアングルという解釈をするべきで、そのため現実的ではないローアングルからの迫力のある画像などもふんだんにあるわけなのだ。

しかし、現実にはその角度から車を見ることはほとんどないわけだし、その角度から車を見せることもほとんどないことになるので、実車とのイメージの乖離は避けられないことにもなる。

そこで、自動車雑誌のバックナンバーで、ベルタのエアロキット特集のような記事を探すことをお勧めしたい。雑誌を発行している出版社に直接問い合わせれば、調べてくれるので有償にはなるのだが、自宅まで送付してもらえることが多い。一度、問い合わせをしてみるといいと思う。

雑誌の場合は、取材記事が中心になっているので、まずベストアングル特集のようなことにはならないから、画像が実車とかけ離れたイメージになっているケースはあまりないと考えてもよい。ただし、中には“ペイドパブリシティー”といって、メーカーが何ページかのスペースを買い取って、広告用の記事を作ってもらう場合もあるので、そこも確認をしたほうがいいと思う。

スポンサーリンク

ショップ選び

こうしてパーツの候補を決めたら、今度は取り扱いショップを探すのだが、これはネットで充分だと思う。足りないようであれば、雑誌の広告欄を見れば、かなりな数を見つけることができる。また、メーカーに問い合わせをして、居住地域近辺で優秀なショップを紹介してもらうという方法もあるので、一度試してみるといいと思う。

ショップの候補が見つかったら一度出向いて、スタッフさんたちとコミニュケーションをとってみることをお勧めしたい。良好な関係が築けそうだったら、まずOKにしても問題はないと思う。ショップとは結構長く、密接な関係になるのでこの関係構築は大切なことになる。

そしてショップでは必ず3つのことをチェックしていただきたい。ひとつは、パーツ自体のクォリティーで、もうひとつは、取り付けの技術、最後が一番肝心な実車チェックで、画像と実車のイメージに大きな乖離がないかどうかのチェックをするべきなのだ。

タイヤ&ホイール

こうしてエアロが決まったら次はタイヤとホイールなのだが、常套手段的にインチアップホイールに扁平率を表す数字の小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。ホイールの外周に、ダークレッドやマスタードイエローなどのカラーリングを施すと、かなりイメージは変わる。

また、開口部から覗くキャリパーは、カスタマイズによってブランドカラーになっていない場合、これを赤や黄色などにカラーリングすることをお勧めしたい。そしてローターをスリット入りなどのものに交換すると、かなり迫力のあるアピールができると思う。

シートの変更

後は室内になるのだが、まず、シートをファッション性と実効性の両面から、スポーツタイプのバケットシートに交換したいところだ。ショップのスタッフさんに、予算とイメージを伝えれば、適当なものを候補としてあげてくれるから、その中から選べば失敗はしないと思う。

そして、しっかりとした強度を持った素材で作られた、滑り止め機能のあるスポーツペダルに交換すれば、かなりイメージは変えることができる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加