パジェロミニのドレスアップ

この記事の所要時間: 527

ミニキャブのコンポーネントを多用してつくられた、初代“パジェロミニ”は1994年に発売が開始された。何となく背の高い、オンロード車というイメージは、このミニキャブのコンポーネントを多用したためなのだろうか。

しかしこのパジェロミニは、兄貴分のパジェロの技術も凝縮多様しているので、性格的にはよく似た面があったようだ。クロスカントリーSUVでありながら、オンロード性能を重視していて、街中や高速での取り扱いは、直接のライバルであるスズキの“ジムニー”をはるかに凌いでいたといわれている。

それもそのはずで、ジムニーは強固なラダーフレームを使っていて、リアサスはリーフリジッドという、ヘビーデューティーな仕様のクロスカントリーなので、街中の乗り心地については考慮されていない。その分、“これでも軽なのか”というほど、悪路の走破性は驚くほど高い。

スポンサーリンク

一方パジェロミニはラダーフレームをモノコックボディーに、溶接によってビルトインされていて、リアサスは5リンクコイルスプリングという、乗り心地重視の使用で、紙の上で見ると乗用車的なイメージすら浮かべることができる。しかし、オフロードの走破性が悪いのかと言えば、そんなこともなく、普通に走破できるから、ある意味では万能なのかもしれない。しかし、ジムニーの走破性にはかなわず、そこは無敵ではないのだ。

エンジンも、1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブエンジンを搭載して、カタログ数値では判らないようなフィールとして高い動力性能を確保してもいた。インタークーラーターボを搭載したモデルでは、軽独特のかったるさというのか、絶望的な遅さは感じられなくて、そこそこ流れについて行けるし、場合によっては流れをリードできるほどの動力性能は持っていたようだ。

また、変な車種をあとからラインナップしたりしないで、軽ながらSUVの王道を貫いた姿勢は、ファン層から支持を得ていた。そのため、兄貴分のパジェロを思わせる外見と、高いオンロード性能に加えてオフロードの走破性もかなりあったため、固定ファン層にはかなり人気をはくして、バカ売れはしなかったものの堅調に数字を推移させていたという。

そして1998年にはわずか4年のライフスパンを終えて、早々と2代目が市場を継承していた。この2代目は、やはりどちらかというとキープコンセイプトになっている。高いオンロード性能を強調するように、初代よりも都会的に洗練されたデザインになっていて、若者には受けはよかったようだ。

この2代目は、モノコック高剛性ボディを基にして衝突時のエネルギーを吸収して緩和する“クラッシャブルボディ構造”を採用したり、緊急時のブレーキをサポートする“ブレーキアシスト機構”を装備し、優れた安定性も実現させていた。

またトランスミッションも、先代の3速ATから4速ATに改められていた。タコメーターも、廉価版であるNAエンジン搭載の“S”にも標準装備されていた。

衝突安全性の総合評価は、ホンダの“ゼスト”が登場するまでは、軽自動車中ナンバーワンの評価を得ていた。

この2代目のボデーサイズと重量は全長3395mm、全幅1475mm、全高1635mm、重量850kg~990kgとなっている。車種の割には軽いと言ってもいいのだろう。

デザイン的には兄貴分であるパジェロの影響を強く受けていて、初代よりも都会的で若々しくなっている。そんなに好みの別れるデザインではないが、嫌われる要素が少ないように思える。

特に2008年からの“後期型”はよりその傾向が強く出ていて、画像だけを見ていると“え!これ、軽自動車なの?”という感じがするから、うまくまとめていると思える。

スポンサーリンク

エアロキット

こんなパジェロミニをドレスアップするには、やはりエアロやその他の力を借りなければならず、そこでパーツを探してみたら、エアロは潤沢とはいえないし、しかも大規模なものはあまりない。

そこでエクステリアには、ちょっとしたものを様々付けてみることにしたいと思う。テーマは“オフロード臭のするオンロードカー”といった感じにしてみたいと思う。

まずリアルーフスポイラーをつけて、それとなく速いんだぞと訴える。それからフロントグリルを“ビレットグリル”に変更して、さらに速さを強調する。そしてもうちょっと何か目立つものという意味で、“フロントルーフディフレクター”をつけたい。

まだまだなので、“サイドバイザー”もつけて、さらに“サイドアンダーバー”と、フロントのアンダーガードをつけて、オフロードイメージを強調する。もう一丁という感じで、オーバーフェンダーもいってしまいたい。もっとないかなということで、サイドウインドーには“モスキートネット”をつけてみたい。

あとは“マッドガード”を前後につける。こうなると何となく、リアが寂しくなる。ではリアバンパーに“ステップガード”をつけてみると、かなり外見はいい感じになった。

タイヤ&ホイール

あとはタイヤとホイールを変えて、オンロードタイプを強調したい。オリジナルのごついタイヤではなく、インチアップホイールに、扁平率の高いタイヤをセットして、イメージを出したい。ホイール選びを失敗すると、車に与えるイメージがかなり変わってしまうので、ショップのスタッフさんたちと相談をして、候補を挙げてもらい、その中から選ぶといいと思う。

ホールの開口部から覗くキャリパーには、赤や黄色のカラーリングをしたいところだ。これもカスタマイズのときに、交換をしてあればブランドカラーになっているはずなので、その場合には必要はない。そしてローターをスリット入りなどに替えておくと、かなり迫力のある演出ができる。

これだけいろいろな物をつけても、エアロをフルキットつけるよりも廉価でできるから、何となくうれしくもなる気がする。

シートの変更

そして室内なのだが、シートをスポーツタイプのバケットシートに交換すると、ファッション的にも、実効性の面でもかなり満足ができる。そして、ドッグネットを張っておくと、これもワイルドはイメージを出すことができる。

最後に、しっかりとした強度のある、滑り止め機能のついたスポーツペダルに交換しておくと、何とも格好いいパジェロミニが出来上がったことになる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加