ラフェスタハイウエイスターのドレスアップ

この記事の所要時間: 547

“ニッサン・リバティー”の後継車種として、初代“ラフェスタ”は2004年12月に発売を開始された。ジャンルとしては7人乗りのミニバンということになる。

DSC_0607

ニッサンとしては初の試みになる、ルノー・メガーヌと同じC型プラットフォームを採用してつくられた、このラフェスタはボディーサイズは小さいながらも、室内空間は、箱形の形状とすることにより、十分な広さを獲得し、3列目についても、パノラミックルーフの収納空間により頭上スペースは小さめとなるが、足元空間についてはクラストップレベルとしていた。

さらには、センターコンソール上端には、3列目まで涼風温風が届く送風システムが標準で装備されていて、室内居住性向上へのさらなる配慮がなされていた。また、このクラスとしては静粛性も高い。リアハッチは珍しい樹脂製Assyとなっていた。

スポンサーリンク

エンジンは軽量化と低速域でのトルクを重視した新開発のMR20DE型直列4気筒2.0Lエンジンを搭載。駆動方式はFF/4WDで、トランスミッションは駆動方式やグレードに関係なく軽い力で操作できる電動アシストシフト付きのエクストロニックCVTを採用していた。

そしてこの“ハイウェイスター”には6速マニュアルモード内蔵のパドルシフトが付き、サスペンションは他のCプラットフォーム採用車と共通となるが、補強についてはニッサンが独自に行ったという。さらにショックアブソーバーの設計などについても、ニッサン独自に行ったという。かなり走りにこだわっていたことが判る。

現行モデルは2代目になっていて、2011年6月に販売を開始している。このモデルは代目マツダ“プレマシー”のOEM供給モデルになっている。

しかし単純なOEMではなく、かなり変更点は多い。ただバッジを付け替えただけではなく、徹底したハイウェイスター化が行われているのだ。

たとえばフロントマスクはセレナ風のクロームの横バーに変更されていて、前後のバンパーも下部が黒い樹脂のプレマシーに対してフルカラード化するなどのアレンジを見せ、クローム仕上げのロゴ入りリヤガーニッシュもハイウェイスター感を盛り上げている。

最大のデザイン変更点は、ボディのサイドに見られる。プレマシー独自の“NAGAREライン”とは決別して、エルグランド風のキャラクターラインを入れるため、前後ドアパネルまで専用化したこだわりようだ。しかしフェンダーを流用しつつも不自然なデザインにならないようにしたため、わずかな“NAGAREライン”の痕跡は残っている。

この車の外寸は、全長4615mm、全幅1750mm、全高1615~,650mm、重量1470~1590kgとなっている。駆動方式はFF/4WDで、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアは全車種ともマルチリンクを採用している。

なかなかデザイン的にも優れたものを見せていて、多くの変更点はラフェスタ独自のイメージを打ち出すことに成功している。

しかし、もうちょっとインパクトが欲しいということも事実で、それにはどうしてもエアロパーツの力を借りなければならず、そこでどんなパーツがあるのだろうと思い、調べてみた。

スポンサーリンク

エアロパーツ

そうしたら以外にと言ったらいけないのかもしれないが、結構選択肢に不自由をしない程度の製品数がラインナップされていることに、ちょっと驚いた。

こういうミニバンにエアロをつけて、タイヤホイールを変えると、下手をすると族車的なイメージになることもあるので、どんなパーをつけるのかということには、万全を期したいところなのだ。

そこで画像をチェックしてパーツを選ぶことになるのだが、一番手っ取り早く画像を見ることができるのは、エアロパーツメーカーのホームページを訪ねることだと思う。しかし、ちょっとした落とし穴があって、それらの画像の役割は100%販売促進なので、普段はこんな角度から車を見ないし、見せることもないというアングルのショットが結構ある。

そんなショットの画像が結構格好いいので、思わず“これ、いいな~”となってしまうケースも多そうだ。つまり、現実のイメージとは乖離があると思っていた方が良く、あまり客観性がないことになる。

では、現実に近く、客観性がありそうな画像はどうしたら手に入るのか、という問題になる。これは自動車雑誌のバックナンバーで、ラフェスタハイウエイスターのドレスアップやエアロパーツの特集記事があれば、そこに掲載されている記事に使われた画像は、販促目的ではないので、客観性は高い。

出版社に直接問い合わせて、該当する号があれば、有償で送ってもらえるケースがほとんどなので、一度直接確認をしてみることをお勧めしたい。

ショップ選び

こうしてパーツのセレクトが終わると、次に取扱いをしているショップを探すのだが、これはネット検索で充分だと思う。ショップの候補が決まったら、ぜひ一度出向いて行って、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取ることをお勧めする。

良好な関係を作れそうだったら、そのショップに決めてもいいと思う。ショップとの付き合いは、有機的になり、期間もそれなりに長くなるので、関係の構築は非常に大切になる。

チューニングをしたり、様々いじった車はその部分についてのメーカー保証はなくなるし、修理自体もディーラーでは難しくなるケースがほとんどなので、ショップが頼みの綱になるからだ。

ショップではパーツのクォリティーチェックと、取り付けの技術や、現車チェックをしていただきたいと思う。とくに現車チェックは大切で、イメージとの乖離をしっかり把握できるからだ。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを交換することいになるのだが、ホイールのイメージで車のイメージは大きく変わるので、選び方は慎重にしたい。スタッフさんに相談をして、いくつか候補を挙げてもらい、その中から選べば失敗はないと思う。

ホイールの開口部から見えるキャリパーなのだが、赤や黄色にカラーリングをしてみたい。カスタマイズのときに交換してあれば、ブランドカラーになっているので、その必要もないかもしれない。あとは、ローターをスリット入りなどに替えておくと、かなり迫力のある演出ができる。

シートの変更

そして室内に目を移すと、シートがちょっとかなと、目に着くことになる。これはスポーツタイプのバケットシートに交換をすることをお勧めしたい。これをやると、ファッション性と実効性の両面を、しっかり満足させてくれる。スタッフさんに予算などを言って、候補を挙げてもらえば、選びやすいと思う。

最後にしっかりとした強度を持った、滑り止め機能の付いたスポーツペダルにすると、かなりイメージを変える気音ができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加