ランディーのドレスアップ

この記事の所要時間: 519

スズキ「ランディー」は、2006年に006年に完成車の相互供給の提携強化に関する強化策が発表されていて、その一環として普通乗用車のランナップしたいスズキの要請により、ニッサン「セレナ」のOEMとしての展開が決まった車だ。見返りとして、スズキからは「アルト」がニッサンに、OEM供給をしていた。

初代ランディーは2007年1月に発売が開始されている。2005年8月まで販売されていた同社のミニバンタイプの乗用車、「エブリーランディー」の実施る的な後継車種になる。セレナと差別化はフロントグリルやエンブレムと、ほかには一部の装備品のみになっていた。

車種構成は、「2.0S」と「2.0G」の2車種で、セレナにはある「ハイウェイスター」や「RX・RS」オーテック特装車の「ライダー、AXIS」に相当するグレードはない。また、インカーホンやツインサンルーフ、両側パワースライドドアの設定がないなど、セレナと比べると大幅に装備、オプションが簡素化されている。ただし、セレナではオプションとなっているキーレススタートシステムが全車に標準装備されている点は、SX4やスイフトに倣っている。

スポンサーリンク

現行モデルの特徴

現行モデルは2代目で、2010年から発売されている。車種構成は先代と同じで、「2.0S」と「2.0G」が基本になっているが、2.0Sにはセレナの「20X]とほぼ同等の装備内容のセットオプション装備車が用意されている。しかしこのモデルにも、ハイウエイスターに相当する車種は設定されていない。

また全車「平成22年度燃費基準+25%」を達成出来たのは、エンジンがMR20型直噴に置換された結果になる。これに伴い、2.0G及び2.0Sのセットオプション装着車には、エネルギー回生機構付オルタネーターにエンジン再始動機能を加えたECOモーターを備えたアイドリングストップシステムも搭載された結果になる。

外観上の変更点はあまりなく、フロントグリルに横桟基調の専用品を採用し、「S」マークと車名エンブレムを採用している程度になる。ただし、リアのガーニッシュについてはセレナでは車名ロゴ入りの一体成型デザインであるのに対して、ランディでは車名ロゴなしの専用仕様品を用いていて、エンブレムが先代同様右側に独立して配置されてる点が違う程度だといえる。

この2代目のサイズと重量は、全長4685mm、全幅1695mm、全高1865mm(FF)・1875mm(4WD)、重量1,600~1,720kgとなっている。ミニバンとしては重くはないのだが、2.0リッターという制限を考えると、重いかなと思う。

デザイン的にはほぼキープコンセプトなのだが、サイドのグラスラインの下側の段差が少なくなり、また何の理由であったのか判らないぐらい小さかった、三角窓が大きくなり、それなりにデザインのアクセントになっている点が、いい方向に向かった様だ。

フロントグリルなどもかなり大胆なデザインになり、アクセントのなっていることも、ランディーのイメージを高めることに貢献しているといえる。しかし、もうひとつイメージの強さは欲しいところになる。

エアロキット

ここはやはりエアロパーツキットのお世話になるので、どんなパールがあるの調べてみると、そこそこの製品数があるので、選択肢には不自由はないと思う。

この車の場合、大きく言ってイメージ的には似たような感じなのだが、フロントグリル、フロントバンパー、サイドステップの感じで、イメージの強弱が決まるように感じる。特に、ななめ前方から見たときの感じは、印象度が強いと思う。これを決めるのはフロントグリル、バンパー、スポイラーとサイドステップになる。

これをうまくバランスしたキットもいくつかあるので、画像をチェックしてみていただきたい。他にも、フロントのイメージに特化した感地のキットや、スポイラーと一体のバンパーなどもある。バンパーは単体で販売もしているので、それだけでもいいという方にはお勧めかもしれない。

フロントのスポイラーには、リップ付きとリップなしの物があって、それぞれ、装着後に車に与えるイメージは違うので、選ぶときのポイントになると思う。

スポンサーリンク

ショップ選び

こうして、取り付けるパーツが決まったら、今度は取扱をしているショップを探すのだが、これはネット検索と自動車雑誌の広告で充分な情報が入手できるから、案外手間はかからない。

ショップの候補が決まったら実際に出向いて行って、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取って見ていただきたいと思う。いい関係が構築できそうだったら、ほぼそこに決めてもいいと思う。ショップとの関係は、期間も長くなるし関係も有機的になるから、重要なポイントになる。

ショップでは、パーツ自体のクオリティーチェックと、取り付けの技術面、そして実車チェックをしたほうがいいと思う。特に、実車チェックは、イメージと実際の乖離がどの程度なのかということ知ることができる。もし、実車チェックができなければ、ショップで過去に施工した車の写真を見せてもらうといいと思う。こういった写真は、ショップ自体のデーターにもなるので客観的な写真も多いから、資料としてはかなり適切だと思う。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車に与えるイメージの影響は大きく、失敗するとかなり残念な結果になるので、スタッフさんにイメージを伝えて候補を挙げてもらうと、かなり選びやすくなる。ホイールの開口部から見えるキャリパーだが、カスタマイズのときに交換をしてあれば必要なないが、そうでなければ赤や黄色にカラーリングをしておくといいと思う。あとはローターをスリット入りなドのものに交換しておくと、迫力のある演出はできると思う。

シートの変更

室内では、シートをバケットタイプに交換することをお勧めしたい。ファッション性と実効性の両面で、いいことになる。今の時代は選択肢も多くあるので、予算などをスタッフさんに伝えて候補を挙げてもらうといいと思う。

あとはしっかりとした強度のある、滑り止め機能が付いたスポーツペダルに交換すると、かなりイメージの違ったミニバンにすることができたと思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加