バモスホビオのカスタム

この記事の所要時間: 541

“バモスホビオ”は“バモス”の派生車種として、2003年4月から発売されているホンダの軽トールワゴンになる。バモスよりも105mm全高を高くして、室内空間を縦方向で稼いでいる。軽自動車はどのメーカーのどの車種でも、枠いっぱいまで使って設計されているので、室内空間を稼ぐとすると、ホイールベースを目いっぱい伸ばすと、あとは高さで稼ぐしか方法はないことになる。

スポンサーリンク

バモスホビオが室内空間にこだわったのは、名前の由来である“ホビー”からくる“遊び心”を満たすため、と言われている。そのせいなのか、内装関係も撥水シートは当たり前となっている。また発売当初は期間限定ではあったのだが、ワイパブルドアライニング、ワイパブルマット、フロアカーペット、リアヒーター、お散歩用トートバッグ等を装備した愛犬と愛犬家の為の仕様“トラベルドッグバージョン”という物まであった。

ワン様用があってニャー様用がなかったのは、ワン様はやはりアウトドア的なペットで、ニャー様はインドア的なペットという位置づけに従ったのだろうか。しかし、ワン様仕様を作ってしまうあたりは、ほかのメーカーにはまねのできないところだろうと思うし、いかにもホンダらしいといえばホンダらしいと思わせるところだろう。

他にも“ユーティリティーフック”と呼ばれるフックが、多数所室内につけられているので、たとえばマウンテンバイクなどを搭載した時でも、ロープによってしっかり固定できるから、安心して運転に専念できる。まさにホビーのための車、という感じを全面に押し出してくる仕様だ。

2007年のマイナーチェンジでは、従来の撥水シートに加えて、消臭加工までされたものが追加された。またドアライニングにも、新たに撥水加工が施されて、一層遊び心を満足させてくれる仕様になっていった。

車種体系としては、“M”・“L”・“ターボ”、それと商用車登録になる“Pro”の4グレードが展開されている。なお、ターボにはMT車の設定がない。ターボとATの相性がいいのは判るが、何となくMTで走らせてみたい人もいるのではと、ちょっと残念に思ってしまうところだ。しかしターボは、2001年のマイナーチェンジの折りに、残念ながら廃止されてしまった。

メカニズム面で、バモスホビオの一番の特徴と言えば、エンジンレイアウトになるのだろう。何と床下にエンジンをつりさげた、ミッドシップレイアウトなのだ。ミツビシのiのように、リアアクスルの上にエンジンがある、というものではなく、ほんとにミッドシップになっているから驚きだ。

そのおかげで前後重量配分は46:54(F:450kg、R:530kg)とほぼ50:50になっている。低い重心位置と、この重量配分を紙の上で見ると、走りにも期待をしてしまいそうだ。

このバモスホビオのサイズと重量は、全長3395mm、全幅1475mm、全高1860~1880mm、重量950~1070kgとなっている。軽にしてはかなり、重量級になっている気がする。

エンジンはE07Z型:660cc ストレート3 NA 46PS、E07Z型:660cc ストレート3 NA 53PS E07Z型:660cc ストレート3ターボ 64PSなのだが、前述のようにターボは廃番になっているのが残念だ。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットで、リアはド・ディオンアクスルになっている。トランスミッションは、3・4速ATと5速MTを採用している。駆動方式はMR/4WDとなっている。

走行フィーリング

この車の走りの評価はどうだろう。街中でも、高速でも、以外に乗り心地がいいというのが、相対的な評価になっている。特にリアのバネは、何と板バネなのだが、ゴツゴツ感はなく板バネであることを忘れさせてくれるという。ド・ディオンアクスルの場合、デフが車体側についているので、バネ下重量が軽いことが乗り心地にも貢献しているのかもしれない。

動力性能は、紙の上から想像するような絶望的なものでもなく、ノンターボの軽とはいえ、以外に普通に流れに乗れるという。ホンダのエンジン独特な、高回転を好む性格がそうさせているのかも知れない。しかし、100km/hまでは普通に加速していくようだが、そこからの伸びはないようだ。高速を軽の法定速度で走る分には、そうストレスもないのだろうが、過積載の大型トラックが、上り坂で喘いでいるとき、追い越しができないなどという場面では、かなりストレスを感じそうだ。

ワインディングに入ると、やはり紙の上で想像したとおりらしく、低重心と前後の重量配分の良さは、ハンドリングにも好影響があるようだ。まあ、アンダーパワーは7難隠すともいうので、額面通りには受け止められない。たぶん、プッシュアンダーステアも出ない程度のパワーなので、走りがどうのこうのではないのだろうと思える。

あとはブレーキなのだが、これはどうしても軽の泣き所になっているようだ。

こう言ったところをテーマとして、カスタマイズを考えていきたい。

まず、素性のいい重量配分と低重心をいかして、さらにハンドリングを面白くさせていくために、強化サスペンションとボディーの補強を目指したい。

スポンサーリンク

サスペンションとボディ剛性

サスキットはそう多くはないのだが、選択肢に困るほど少なくもない。この中で一番バネレートの低いものを選んで、ダンパーの減衰力を強力なものにしていけば、粘り腰のあるセッティングができると思う。

次にボディーとサブフレームの接続を強化して、ソリッドで剛性感の高いフィールにするため、リジッドカラーを使うことをお勧めしたい。こういうサイトなので、できれば商品名は出したくないのだが、現状こういう目的を達成させてくれる製品は、これしかないので、御容赦願いたい。その上で、アンダーフロアーに補強材を入れて、フロントにはタワーバーを追加してやると、面白いように剛性が上がる。別の車に乗っているように感じることができる。

ブレーキ

次にブレーキなのだが、対向4ポッドの高剛性キャリパーを奢って、耐フェード性の高いパッドに交換。そうしておいて、高沸点タイプのフルードに交換してから、ステンレスメッシュなどで補強をしたラインを使えば、かなり強くて逞しいブレーキにすることができる。油圧がかかっても、ラインはほとんど膨らまないので、効きもよく、コントロールもし易くなる。

エンジン

最後にエンジンなのだが、吸排気系の高効率化をやって、その仕様に合うように燃調を取り直す意味と、空き領域を使えるようにする意味で、ロムを書き換えるといい。これで、体感できる程度の差は出せるようになる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加