カムリ買取査定のポイントと相場

この記事の所要時間: 353

新しい記事
カムリ買取相場と査定のポイント 2015-02-24

カムリ

カムリのモデルチェンジの予想

 トヨタの上級セダン「カムリ」のフルモデルチェンジですが、明確な情報は今のところないようです。国内より北米市場を中心に世界で活躍する車であるのがカムリ。日本の売れ行き事情よりも、国外での事情の方が次期カムリの発売時期に与える影響が大きいと考えられるのです。次期カムリに関しては、トヨタの社長自らが「ワクドキ(ワクワクドキドキ)」するデザインを与えたいと考えているようで、現行のスタイリングから大きな変更がなされる可能性も見えています。

カムリの買取相場

 2011年以降、現行モデルの「カムリ」ですが、国内市場においてはハイブリッド専用車として打ち出されました。9月に発売開始となっていますので今年の同月に初回車検を迎えます。現在中古車ではあまりお目にかかれませんが、車検間近になると市場での数も増えてくるでしょう。査定額に影響が出ることになるので、売りを決めているのであれば迅速な行動が必要になりそうです。

 国内ではセダンの人気が本当に著しくありません。中でもカムリはトヨタ車にしては知名度も低く、人気も高いとは言い難いモデル。年式が新しいとはいえ、値落ち率で考慮すると不利になりやすいモデルと言わざるを得ません。一方で海外ではかなり優秀な売れ行きを見せているモデルでもあります。一度は海外ルートの線を当たってみると良いかもしれませんね。

「ハイブリッド」194万円~212万円
「ハイブリッドGパッケージ」202万円~221万円
「ハイブリッドレザーパッケージ」214万円~267万円
「ハイブリッドGパッケージ プレミアムブラック」179万円~202万円

前モデルの買取相場

 2006年から2011年にかけて販売されていた8代目「カムリ」。良くも悪くも“保守的なセダン”というイメージが強いですね。車にあまり関心がない人なら名前も知らないという人も少なくないのでは?セダン人気自体が落ち込んでいるというのもありますが、国内での人気はあまり高くないのです。普通に査定に出したとしても、納得の価格は出にくいでしょう。

 そんなカムリも海外での需要に関しては非常に強いものがあります。特に北米市場ではとても人気がある車で、メインマーケットとも言える市場です。この代のカムリであれば過走行車も多いと思いますが、そうした難アリ物件でも海外市場では需要を期待できます。是非輸出系のルートに強い業者をあたってみてください。

「G」48万円~109万円
「G FOUR」53万円~119万円
「Gリミテッドエディション」51万円~118万円
「Gディグニスエディション」60万円~134万円
「G FOURリミテッドエディション」57万円~126万円

カムリの特徴とモデルチェンジの推移

 トヨタの世界戦略車のうち、FFセダンモデルで最も売れている車が「カムリ」になります。日本では地味な印象しかないので驚く方も多いかもしれませんね。海外、特に北米市場における人気というのはクラストップを連続して獲得するほどのものであり、世界中で累計1000万台以上もの販売実績を誇ります。分かりやすいところで説明すると、2006年に発売された8代目カムリの国内目標月間販売台数が1000台なのに対し、北米では30000台。双方の人口を考慮しても、この差でどれほどの人気があるのかがうかがい知れます。

 地味なイメージのカムリの“実用的”な面を強調することとなったのが9代目の登場です。というのも、この代からは国内のみハイブリッド専用車としてラインナップがなされます。低燃費という実用性を売りにし、世界的な車を国内でも広めたいという意向が見て取れるでしょう。

 新開発のアトキンソンサイクルエンジン「2AR-FXE型」採用のリダクション機構付THS-Ⅱをハイブリッドシステムとして搭載しています。フロントバンパーのデザインが異なる以外は他国で販売されるカムリと同じ形を有しています。グレード体系はノーマルな「ハイブリッド」、17インチアルミホイールや本皮革ステアリングなどを装備した「ハイブリッド“Gパッケージ”」、更にHDDナビやクルーズコントロールなどが追加された「ハイブリッド“レザーパッケージ”」が設定されています。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加