ランドクルーザープラド買取査定のポイントと相場

この記事の所要時間: 43

新しい記事
ランドクルーザープラド買取相場と査定のポイント 2015-06-02

ランドクルーザープラド

プラドのモデルチェンジの予想

 トヨタのSUV車に「ランドクルーザープラド」がありますが、言わずと知れた人気車種「ランドクルーザー」の派生モデルとして知られていますね。このフルモデルチェンジが2016年~2017年頃に行われるのではと言われています。一方で、同じくトヨタの新たなSUV車として人気を高めている「FJクルーザー」がありますが、これが次期プラドに取って代わる存在ではとも噂されているようです。

 というのも、FJクルーザー人気が高まる一方、プラドの位置づけが曖昧になりつつあるようなのです。ならば好調のFJクルーザーへ名前だけでもプラドを残す形を取る、という考え方も見られており、プラドとしての存続が危ぶまれています。

プラドの買取相場

 2009年にフルモデルチェンジが行われて150系となった「ランドクルーザープラド」。ランドクルーザー同様に人気が高く、査定額が安定していることで知られています。業者によっては相場以上の価格をつけることもあるため、できるだけ多くのお店で査定してもらうことをオススメします。現行型ですが中古車市場では前モデルより流通が少ないようなので、買い取る側としても欲しい一台ではないでしょうか。業者が求めている車であればあるほど、高額査定を期待できますよ。

「TX(7人乗り)」250万円~275万円
「TX Lパッケージ(7人乗り)」279万円~284万円
「TZ(7人乗り)」278万円~298万円
「TZ-G」319万円~341万円

前モデルの買取相場

 一つ前のモデルの「ランドクルーザープラド」ですが、これは2002年から2009年にかけて販売されていた120系になります。120系は中古車市場でも比較的多く見られるモデルですね。値下がりしにくい車なので購入の際には高く感じますが、リセールバリューも良いことがプラドの強みでもあります。本家ランドクルーザーよりも街乗り感が高いため、外観や内装に気を使っておくと尚良いでしょう。多少走行距離が伸びていても価値がなくなる車ではありません。また、専門店を探すことも査定額を上げる近道となるでしょう。

「TX(5人乗り)」95万円~208万円
「TX(8人乗り)」94万円~213万円
「TZ」96万円~208万円
「TZ Gセレクション」101万円~224万円
「TXリミテッド」115万円~206万円

プラドの特徴とモデルチェンジの推移

 通称“プラド”の呼び名で親しまれるトヨタのSUVといえば「ランドクルーザープラド」ですね。世界的な車として知られる「ランドクルーザー」の派生シリーズとして1984年に登場し、本家同様に高く評価されているモデルです。実は登場当初はあまり人気が伸びずにいましたが、1990年のマイナーチェンジで大きく仕様が変更されたことで人気が向上しました。プラドの愛称がついたのもこのマイナーチェンジから。今日までに数度のフルモデルチェンジを経て現在に至ります。

 初代の70系から90系、120系と進化して現行型が150系となります。90系、120系の方が中古車市場では多いようですね。ランドクルーザーの小型版として、男性はもちろん女性ユーザーにも乗りやすいイメージがあります。加えてランドクルーザーよりも暑苦しくないというか、荒々しさを抑えた都会的な印象をより強めたのが120系でしょう。エクステリアがよりオンロード調になっていますね。

 現行型はそれを更に洗練し、上質感を高めた作りに仕上がっています。同社「ハイラックスサーフ」と統合され、3ドアショートモデルは国外専用になりました。先代では助手席側フロントフェンダーに補助ミラーがついていましたが、現行ではこれを廃したことで精悍な顔つきに磨きがかかりました。

 2013年にマイナーチェンジを行っているランドクルーザープラド。大型フロントグリルが採用され、フロントバンパー、リアコンビネーションランプ及びリアガーニッシュのデザインが変更されています。グレード別では「TZ」と「TZ-G」にて、ロービームとクリアランスランプにLEDが採用されています。インテリアでもシート表皮素材、カラーリングが変更され、フロントドアに撥水機能付スーパーUVカットガラスが採用となるなど快適性も高められました。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加