ボクシー/ノアのドレスアップ

この記事の所要時間: 53

トヨタ“ボクシー”は“同社のノア”と姉妹関係にある車だ。いわゆる“ミニバン”のカテゴリーに入る車で、初代は2001年11月から発売されていた。

ノアと牧師ーの差はフロントグリルなどの部分と、内装にあって、ボクシーはややスポーツ路線をいくことになった。ターゲットを、少し若い層にまで広げて、ノアと連携して総合的に顧客を拾う作戦だったのだろう。

初代は5ナンバー枠を徹底的に意識した車で、外寸と重量は、全長4625mm、全幅1695mm、全高1850mm、重量1510kgとなっていた。全長、全幅に比べて全高が高いことが判る。

駆動方式はFF/4WDを車種によって選択できるようになっていて、全車種に4WDが設定されているわけではなかったようだ。エンジンはDOHC16V ストレート4 2.0リッター一機種のみで、何となく“ライトエース”という商用車の血筋なのかなと、思わず感じてしまうところだ。

初代のデザイン的な特徴はあまりない、といってもいいと思う。まとまりはあるのだが、そんなにどこが特徴だということもなく、いわゆる平凡なイメージがあった。また、ちょっと泥臭い部分もあったような感じを受ける。

スポンサーリンク

ボクシー/ノアの概要

現行モデルは2代目で、2007年6月にフルモデルチェンジをして市場を継承している。デザイン的にはキープコンセプトなのだが、先代よりも垢ぬけて見えるのは、時代の要求を満たしているせいなののだろうか。

また、この2代目からは標準車とスポーティータイプのZS、Z(ノアはG SPORTS)というグレードに分けられている。基本的には5ナンバー枠のサイズなのだが、ZS、Zはワイドタイヤを装着するために、3アンバー枠のサイズになっているところが特徴といえる。

このZSにはトヨタのミニバンとしては2機種目になる、“パドルシフト”が採用されていることがスポーツタイプを強調している。

そして2代目の外寸と重量は、全長標準車4595mm・Z/ZS4640mm、全幅標準車1695mm・Z/ZS1720mm、全高FF1850mm・4WD1875mm、重量1530kg~ 1730kgという数値になっている。基本的にワイドタイヤ装着のために、外寸が変わっているので、居住空間には差がない。それにしても、やや重い感じは否めない。

このボクシーを自分のイメージに仕立て上げるには、やはり何と言ってもドレスアップの王道といえるエロパーツキットは欠かせない。そこでどんなパーツがあるのかと思って調べてみると、かなり多くの製品ラインナップがあることが判った。

エアロパーツ選び

イメージも様々で、メーカーの数イコールイメージの数と言ってしまっても、決して過言ではないと思う。下手をすると、中には“族車”的になってしまうようなものもあるので、族車が好きな人は別だが、選ぶときには注意が必要になる。どうも、ミニバンは族車みたいになるケースが多いかもしれないと、思ってしまったのは偏見なのかも知れない。

しかし、自分の車をどんなイメージに仕立てるのか、ということはキッチリと決めなくてはならない。そこで、まずは画像のチェックから始めることになるのだが、データーの入手先は広いようで狭い。

ネットで調べようとすると、メーカーのホームページを訪ねることになるのだが、ここに掲載されているショットはほぼ販売促進用のものなので、ベストアングルが多い。日常、こんなアングルから車を見ることも、見せることもないというようなアングルからのショットがあって、これがまた、迫力のある画像になっているケースがある。

かなり格好のいい画像なのだが、実車とのイメージの乖離はある程度避けられないので、それを忘れてはいけないと思う。

実車に近いイメージを求める必要があるので、自動車雑誌のバックナンバーでボクシーのカスタマイズ特集等の掲載があれば、それを活用することがいいと思う。

出版社に問い合わせて、そんな号があるかないかを問い合わせてみることをお勧めしたい。あれば、もちろん有償にはなるが、送ってもらえることがあるので、ぜひ問い合わせをしてみるといいと思う。

ショップ選び

こうしてパーツを決めたら、次は取扱をしているショップを検索するのだが、これはネットで充分な情報を集められると思う。もし、足りないようであれば、自動車雑誌の広告を参考にすれば充分な情報を集めることができる。

ショップの候補が決まれば直接出向いていって、オーナーさんやスタッフさんたちとコミニュケーションを取って、良好な関係を築けることを確認していただきたい。ショップとの付き合いは、有機的で、時間も長くなるので是非やっておいていただきたいと思う。

そしてショップで確認することが3つあり、ひとつはパーツ自体のクォリティーチェック、もうひとつが取り付けの技術、最後が肝心で実車チェックになる。実車をチェックすることによって、イメージと実際との乖離を確認できるからだ。

タイヤ&ホイール

次にタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールが車全体に与えるイメージはかなり大きいので、デザイン選びは慎重にしたい。インチアップホイールに、扁平率を示す数字が小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。

ホイールの開口部から見えるキャリパーには、赤や黄色のカラーリングを施すといいと思う。カスタマイズのときに、キャリパーを交換していれば、ブランドカラーになっているはずなので、この必要もないと思う。あとは、ローターをスリット入りなどのものに交換しておくと、けっこう迫力のある演出ができる。

シートの変更

室内では、シートをスポーツタイプのバケットシートに交換しておくと、実効性とファッション性の両方に効果的だ。そして、しっかりとした強度を持つ、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換すれば、かなりしっかりとしたイメージを作ることができる。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加