インプレッサG4のドレスアップ

この記事の所要時間: 552

1992年に市場投入された初代は、そのサイズから実はレオーネの事実上の後継車種ではないのか、等と言われてきた。事実、レガシィよりも一回り小柄で軽量なこの初代GD・GGは、WRCに打って出て何と1995年から1997年までの3年連続でマニファクチャラーズとドライバーズの二冠チャンピオンの座を獲得してきた。

しかし、その後エンジンマウントの位置変更がルール上湯すされるにいたって、ボクサー4を縦置きにしたスバルシンメトリック4WDシステムは、エンジン位置を変えることが事実上全くできないので、重量配分が不利になってしまい、ライバルたちに後れを取ることになってしまった。

しかし、ロードカーーとしての輝きを失うことは全くなく、国内外での評価は高まる一方で、とくに走りの質にこだわるヨーロッパでの評価は、揺るぎのないものだったので、人気に対する影響は全くなかったと言える。

また、初代と2代目はそのライフスパンが長く、初代が8年、2代目が7年と大変に長寿だったと言える。
デザイン的には初代と2代目は、フォルムはキープコンセプトと言ってもいいような、近似性がある。フロントのデザイン処理やデザイン線の処理が、かなり違うので全く違う車に見えるが、フォルムは似ていると言う手法なのだろう。

スポンサーリンク

インプレッサG4の特徴

3代目からのデザイン一新されたと言ってもよく、5DRハッチバックなどは特にそれが顕著でルーフ後端は、かなり空力を意識したのか流れるように下がり、絞られていて、ボディーサイドのデザイン線などは結構グラマラスに感じる処理になっている。全体的に、かなりアピアランスを強調していると言える。
また、このモデルからリアサスペンションにダブルウイッシュボーンを採用したことも、目新しのかもしれない。

そして2011年に4代目が登場した。この4代目は、言って見れば3代目の発展型のようなデザインをしていて、3代目のグラマラスではあるのだが、ちょっとぽってりとした感じを洗練させて、各アングルから見た感じではかなり空力に優れているように感じる。

エアロパーツ

サイズ的にはほとんど先代と変わらないので、前面投影面積などに大きな違いはないのだろうが、いわゆる空気をどうやって上手く流すかと言うところに注力をしたと言う感じは見て取れる。それだけに、やや癖のあるデザインだともいえないことはないのだが、もともと初代からデザイン的にはやや癖のあるところがあったと、個人的には思うので、これも伝統なのかなと思うことで納得はいく。

よく言えば個性の強いこの車のデザインなのだが、それなりにアピアランスは強い。でも、しかし、であって、同じ個性を出すことでももうちょっと自分なりのものをと言う意識は、誰にでもあることだと思う。

それではどこをどういじったら、自分の目指す個性が出るのだろうと考えたときに、どこか一ヶ所をとか、ここをああして、あそこうをこうして、等と言うやり方はかなり難しい。やはり、全体のバランスを考えることが一番うまく、自分のイメージを完成できる要素ではないだろうか。

そうなると、やはり頼りになるものはエアロパーツになるわけだ。
さすがに人気車種だけあって、多数のラインナップがそろっているので、選択肢に不自由をすることは全くと言っていいほどないのだが、問題は自分に合ったイメージを確定することになるだろう。

ショップ選び

そこで、やはり各社の製品を取り付けた車の画像チェックから始めなくてはいけない。こうして候補をいくつかに絞り、今度は取扱ショップを探して、実際に尋ねて見ることだ。

今度はできるだけデモカーなどの実車をチェックして見ることをお勧めしたい。スバル車を扱うショップの場合、かなりショップの人もマニアックなケースがあるので、デモカーあるいはショップオーナーが自分の車にエアロをつけているケースも、多々考えられるので、他の車よりも実車をチェックできるケースには恵まれるかもしれない。ちょっと、期待してもいいかも知れない。

それと、実車をチェックするときにはパーツ本体の仕上がりと、取りつけの精度なども仔細に見るべきだと思う。特に、エアロパーツはほとんどが樹脂製なので、クォリティーの低いものは、ボディーの鉄板との差異が大きくなり、いかにも取って付けたようなイメージになってしまい、付けなかった方が良かったなどと言う結果になってしまっては、元も子もないからだ。

タイヤ&ホイール

こうして、エアロキットを取りつけられた車は、なかなかいいイメージになるのだがひとつ納得がいかない状況があり、それは何かなと思って追及すると、必ずと言ってもいいほど、“足元”に原因を見つけることが出来る。

人のファッションもそうなのだが、足元が決まらないと、何となく気の抜けたビールのような印象を醸し出してしまい、結構垢ぬけないイメージになるからだ。そこで、一般的な手法で解決を図りたいと思う。

それは、やはりインチアップしたホイールに扁平率を示す数字の小さい、厚みの少ないタイヤを履かせて、足元を引き締める手法に限る。
なんだ、皆おんなじじゃないか、等と言ってはいけない。人間のファッションだって同じで、どの靴を選んでコーディネートさせるのかと言うことに、人のファッションに対するセンスの評価があるのとまったく同じで、ホイールの選び方ひとつで全体を壊してしまうことだってあり得るので、どんなデザインを選ぶのかと言うことには、充分以上の注意を払っていただきたいと思う。

そして4DRセダンとは言え、もともとがシャープなイメージであり、エアロで余計にシャープになったインプなので、ホイールの外周に3mm程度の幅でカラーリングをしてみたいと思う、色は濃い目の赤とかイエローなどの極色彩に近いものがいいと思う。
たったこれだけのことなのだが、かなりイメージは違ってくるから、一度試してみていただきたいと思う。

それと、インチアップホイールの大きな開口部から覗く、キャりパーとローターだ。キャリパーをホイールの外周に施したカラーリングと同色にしてみるといいと思う。さらに、ローターだがスリット入りのものなどに交換すると、停車時にも主張のある車になることもできる。

インテリア

そしてインテリアなのだが、やはりシートの交換はやりたいところだ。このインプレッサと言う車は、特にバケットタイプが似合う車なのだ。
レカロに限らずに、種々あるシートの中から選べるので、ショップの方と予算などを話して、いいものを選ぶと言いと思う。

最後に、ペダルをしっかりしたダイキャスト製などの、滑り止め機能を持ったスポーツタイプに交換すれば、何となく男の仕事場的な、ちょっとだけスパルタンなイメージに変わることができる。

ここまでのことをやれば、かなりストックの状態とは違うイメージの車になることができるので、一考していた期待と思う。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加