エクシーガのドレスアップ

この記事の所要時間: 53

アウトライン

エクシーガという車は、スバルの自社開発としての多人数乗車車種としては、1998年に発売終了となった“ドミンゴ”以来、実に10年ぶりの車となった。
また、オペルザフィーラのOEM供給を受けて発売していた“トラヴィック”の発売終了が、2004年11月だったので、それから数えても3年半の歳月の間、スバルには3列シートの車は市場から消えていたことになる。

こうして、2008年6月に久々に自社開発のスバルブランドとして、エクシーガは市場投入をされたのだった。
プラットフォームを含めて、パーツの50%前後がレガシィと共用しているため、何となくレガシィ臭がすることは、良くも悪くもスバルらしいと言えるのかもしれない。

発売当初の販売不振も、スバル独特の年改によって飛躍的に製品力が上がると、販売実績も上がってくるというところも実にスバルらしい。

デザイン的にはあまりミニバンらしくはない。特に全高は、実寸よりも低く見えるデザイン処理のために、何となく遠目にみるとレガシィなのかな、と思ってしまうことが面白い。
しかし、この遠目に見るときの印象が、他人の見た印象に限りなく近いというよりも、そのままだと言ってしまっても過言ではないだろう。
他人は近くで人も車をつぶさに観察することはあまりないから、遠目に見た印象といいうことが、そのままその車の印象ということになるのだ。

そう言う目でみると、やはり、あまりミニバン的なデザインではない。
特にボンネットは、スバル車そのままで、他のミニバンのう様にスペースを優先するために、思い切り短くしている事はない。離れてみるとレガシィかなと思える一因はここにもあるのだろう。

そう思って近づくと、やはりレガシィとは全く別物であって、何となく重ったるいイメージに襲われる事は確かなのだ。
原因はいろいろあって、それを全部潰す事は難しいと思うし、多分不可能だろう。板金の分野にまで入り込み、デザイン処理をできる範囲でやったとしても、かなりな部分は手を着けつる事は出来ないからだ。

スポンサーリンク

エアロパーツ選び

こうなると、やはり頼りになるものはエアロキットしかないと言える。
エアロキットは幸いなことに、いくつかのメーカーからでていて、各社それなりにイメージの自己主張がある。
どのイメージにするのかは、画像を見て絞り込んで見たらいいと思う。個人的な見解としては、フロントグリルまでコンポーネントできるものが良いと思う。
あの、横のラインを強調しすぎたというより、なんであんなに太い横線と、あんなに大きなスバルの6連星のオーナメントが必要なのか、ちょっと意味が判らない。
この部分がメッシュタイプに変わったら、もの凄くイメージは変わる。

それにしても、エアロキットを付けると、イメージはオリジナルの主張よりもエアロの主張になるので、かなり訴えかけたい事は実現される事は嬉しい。

ショップ選び

イメージが決まったら、取り扱いショップに行って現物チェックは欠かせない。できればデモカーなどで、現車チェックはしたいところだ。もっと言えば、他の客の車への取り付けを見学できれば言うことはない。ショップの工作技術や、パーツの精度などを確実に把握出来るから、なるべく見せてもらったほうがいいと思う。
取り扱い製品と、技術に自身があるショップならば、そうは断らないと思う。ただし、安全上の見地から間近で見ることはできない。

タイヤ&ホイール

こうしてエアロを組み込んでみると、次に目立つというのか、その時点で浮いているのはホイール・タイヤだということは、疑う余地のないところになる。
そこで、やはりインチアップをしたホイールに、扁平率の数字が小さい厚みの少ないタイヤを組んで、機能美を求めたい。
ホイールのデザインについては、エアロとの兼ね合いもあるのだが、シンプルなスポークタイプのものをお奨めしたい。カラーリングを施してあるものも多いので、ボディーカラーとのコーディネートを考えても、面白いと思う。

開口部の大きくなったホイールから見えるキャリパーだが、ボディーカラーとのコーディートを図って、カラーリングをすることも素晴らしい。
しかし、この車の場合、何となくブレンボの色が似合うような気もするので、考えてみていただきたい。
ローターは、スリット入りなどの迫力のあるパーツに入れ替えたら、かなりキマった感じになる。

インテリア

インテリアは、まずドッグネットをつけたい。これはこう言ったミニバンやワゴンボディーの車に、何となく手軽にハードなイメージを与えてくれるので、お奨めだ。
そして、やはりシートの交換はお奨めしておきたい。
バケットシートと、オリジナルのシートでは、その性能には格段の違いがあって、一度でもバケットを味わうと抜けられなくなる。予算の関係で選べる時代になったので、ショップなどで予算と相談して決めたら良いと思う。
バケットに替えて悪いことは何一つないと、私は信じている。せいぜい、オリジナルのシートに比べて劣るところといえば、仮眠を取るような場合の“寝心地”だけだ。

ステアリングとペダル

さらにペダルは、アルミの滑り止めが付いた製品に替えたい。
ステアリングも替えたいところだが、ステアリングに集中しているスイッチ類の関係があるので、確認してからの方がいい。
それと、もうひとつあるのは“エアーバッグ”の有無ということだ。新車を買って、エアーバッグ付きで保険契約をすると、途中でステアリング交換により、エアーバッグを喪失したことにより、加入時の条件と現状の条件の違いが出てしまう。
これにより縁起でもないのだが、いざという時に保険金が降りないことも、可能性としてはある訳だ。

ドレスアップなどは、所詮自己満足の世界でしかないのだが、やりだすときりはない。
満足の行くまでやるもよし、きりのいいところで終了にすることも可能だ。

スポンサーリンク

車検の相談・依頼

車検の相談・依頼

Goo車検

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加